<img height="1" width="1" style="display:none;" alt="" src="https://px.ads.linkedin.com/collect/?pid=1719028&amp;fmt=gif">

Cognite BestDay

データに基づいて日々の生産を最適化するインタラクティブなプラットフォーム

Scroll-Icon (1)
AIM

生産目標


生産目標に対するリアルタイムの生産を監視します。生産のベースラインを増やし、業務の基準を設定します。 

deviations monitoring

逸脱とボトルネックの検出


設備全体のボトルネックをリアルタイムで監視します。生産が想定と異なる場合には、チョークモデルとリアルタイムの自動逸脱検出を実行します。

deferment capturing

遅延検知とログの取得


ガイド付きのリアルタイム遅延検知により、生産業務の改善を推進するデータ基盤を提供します。

advisor integration

アドバイザー


ハイブリッドAIアドバイザーに直接アクセスできます。関連するアドバイスの通知を受け、コンソールから直接アクセスできます。

collaboration

シフトと役割の連携


日々の業務や生産工程において、作業員同士のコラボレーションや情報が自由に流れています。

コラボレーション基盤で実現する

エンドツーエンド生産の最適化

production throughput生産量の向上を実現します。1つのユーザー・インターフェースで必要なすべての情報にアクセスできるようにすることで、従業員に適切なデータを適切なタイミングで提供することができます。Cognite BestDayは、データに基づいた生産最適化のためのインタラクティブなプラットフォームです。業務上の意思決定に必要なすべての情報を1つの場所に集め、コラボレーションとオープンな情報の共有を促進します。これにより、設備内のシフトと装置で継続的な学習プロセスが保証されます。
 
bestday algorithmCognite BestDayのベースは、設備の生産能力、計画された遅延、過去の生産と遅延、独自の条件、および既知の制約条件に基づいた統計的な「Best Day」アルゴリズムです。このアルゴリズムは毎日更新され、最大生産量を割り出します。リアルタイムでデータに基づいた生産決定を可能にします。何が「ベスト・デイ」を構成するのか、そしてそれを達成するための手段の透明性を提供します。 
 
kpi targetsBestDayは、ユーザーのワークフローと既存のソース・システムを統合し、客観的な基準とKPIを設定して設備全体のベンチマークを自動的に設定することができます。ITアーキテクチャはそのままに、豊富なデータ基盤上での可視性とコラボレーションにより、業務を改善することができます。

生産目標

リアルタイムの生産データを、統計的に計算された生産能力と比較し、自動でリアルタイムに逸脱を特定し、さらに根本原因の分析をサポートします。

アドバイザー

Cognite BestDayは、アドバイザーとしてシームレスに統合されたカスタムモジュールをサポートしています。これらのモジュールは、検出された逸脱を分析し、軽減するのに役立ちます。

遅延検知とログの取得

生産量の逸脱は、スケジュールされた延期イベントにリンクさせることも、新しい延期を作成することもできます。

逸脱とボトルネックの検出

逸脱検出MLモデルは、ボトルネックを特定し、生産プロセスにおける最大の最適化ポイントを表示します。

逸脱検知

生産逸脱MLモデルを連続的に走らせています。

シフトと役割の連携

分野を超えたトラブルシューティングとコミュニケーションを促進します。

生産のポテンシャルを拡大

X
メリット

1つのユーザーインターフェースで必要なすべての情報にアクセスできるようにすることで、従業員に適切なデータを適切なタイミングで提供することができます。

計画と日々の目標を統合します。生産の逸脱やボトルネックを検出します。データツールを使用して、実用的なインサイトを得ることができ、今後の計画に役立ちます。

計画的な延期や生産の遅れが検出されたデータにリアルタイムでアクセスし、チョークモデルベースのボトルネック検出により最適化の可能性を見つけます。データと物理学に基づいた生産アドバイザーを1つの直感的なUIに統合することができます。

BestDayを活用することで、以下のような効果が起きています。

  • • 無計画な生産の遅れの期間と量を10%削減
  • • 0.5~1.5%の生産量の増加

生産チーム、コントロールルーム、管理者間のより緊密な連携に加えて、すべてにおいて目に見える説明責任を果たすことができます。