<img height="1" width="1" style="display:none;" alt="" src="https://px.ads.linkedin.com/collect/?pid=1719028&amp;fmt=gif">

3D Asset Integrity Management

データを理解し特定するためのビジュアライズ化

Scroll-Icon (1)

3D Webアプリケーションでの効率的なレンダリングと複雑なCADモデルとの相互作用は、Webビューアーを通じて行われ、Cogniteが提供するアセットデータインサイトおよびオペレーションアプリケーションに統合されています。

検査データ取得にロボティクスを活用

Cogniteはお客様と連携して、ロボット、ドローン、ROVを活用して検査データを効率的に取り込みます。ロボットセンサー(ビデオ、オーディオ、LiDARデータ、ガス検知、熱画像)からのデータをキャプチャし、Cognite Data Fusion(CDF)に保存します。


貨物やバラストタンク内などの危険な場所に人を送らないようにします。時間のかかる手作業のルーチン作業を代替し、運用コストを削減します。ロボットに定期的なデータ収集ミッションを実行させることで、データ収集を自動化する。データ収集の頻度を上げることで、運転リスクの低減に貢献します。

An EX Robotics UGV is used for automated capture of various inspection data

EX Robotics UGVは、様々な検査データの自動収集に使用されています。ロボットを手動で制御することも、自動化されたミッションを実行して定期的にデータを収集することも可能です。

 

コンピュータビジョンを用いたデータ分析の支援

視覚データの量と質の向上により、コンピュータビジョンの使用が可能になりました。ディープラーニングモデルは、サビやひび割れなどの表面特性や、動かなくなった照明器具など、メンテナンスの必要性を検出するために訓練されています。経時的にデータを比較することで、発生している問題や見落としを特定することができます。コンピュータビジョンに基づく自動監視は、検査の品質を向上させ、エンジニアの時間を効率化します。

Rust detected in drone footage inside one of the FPSO tanks

FPSOタンクの内部からドローン映像で検出された錆。コンピュータビジョンモデルは、検査品質の向上と実行の迅速化のための関連情報の検索を支援します。

 

理解を深めるための3Dデータ拡張

Cogniteは、3Dとビデオのローデータを取り込み、最適化と処理を行い、高度なビジュアライゼーションを可能にします。3D CADモデルを解析して変換し、非常に複雑なアセットの効率的でロスのないレンダリングを実現します。画像、ビデオ、LiDARデータを処理して、3Dテクスチャ写真測量モデルを生成することができます。3Dデータは、すべての要素を関連する資産、地理的位置、時間にリンクさせるためにコンテキスト化されています。

A small section of a 1TB point cloud covering a deck of an FPSO

FPSOの甲板を覆う1TBの点群の小断面。この点群は、FPSO甲板の正確な現在の状態を提供し、通常のロボット映像と組み合わせて継続的な遠隔検査を行うことができます。

 

アセットとフィールドの完全な3Dデジタルツイン

すべてのアセットデータは、3D CADモデル、3D地形モデル、スキャンした点群データ、写真やビデオ、360度の写真、3Dフォトグラメトリーモデルを組み込んで、完全な3Dアセットとフィールドの可視化にまとめることができます。アセットのデジタル表示は、リアルタイムのセンサーデータやイベントデータと重ね合わせて表示することができ、関連データへのアクセスも可能です。

A complete digital twin of an FPSO, combining CAD, point cloud scans, robot footage, and real-time data

CAD、点群スキャン、ロボット映像、リアルタイムデータを組み合わせたFPSOの完全なデジタルツインです。ツインでは、関連するすべての検査データへの単一のエントリーポイントを提供し、サイロ化されたベンダー固有のアプリケーションにアクセスする必要性を回避します。

 

検査データとのシームレスな連携

最適化されたワークフローにより、ユーザーは視覚的な検査データを効果的に操作し、関連する所見や結論を記録することができます。視覚的な分析と数値分析を組み合わせて、意思決定を検証します。関連するバックエンドシステムとの統合により、検査ワークフローをエンドツーエンドで完了させることができます。

 

遠隔でアセット管理を可能にします

アセットのデジタルツインは、ロボットにデータ収集タスクを実行してもらうことで、遠隔データの収集管理に使用することができます。フォトリアリスティックな可視化により、完全な遠隔点検が可能になります。より多くのアセットメンテナンス活動を遠隔で計画し、サービスベンダーがアセットに出入りすることに伴うコストを削減することができます。VRにより、没入型の活動計画が可能になります。

 

AkerBPは詳細かつインタラクティブなCADモデルを使用して、完全な可視化を実現したアセットのデジタルツインを作成しました。

 

 

 

デモをリクエストして
Cognite Data Fusionを実際に見てみる

デモ申し込み