<img height="1" width="1" style="display:none;" alt="" src="https://px.ads.linkedin.com/collect/?pid=1719028&amp;fmt=gif">

Asset Data Insight

データ民主化により現場でのデータ活用を促進します

Scroll-Icon (1)

Asset Data Insightは、データ探査、分析、およびダッシュボードソリューションであり、オペレーターのデータに基づいた意思決定を可能にし、設備の稼働状況を最適化します。

Asset Data Insightにより以下の事が実現できます。

  • 機器の詳細、ドキュメント、センサー値、メンテナンス履歴など、アセットに関連するすべてのデータをグローバル検索、アセットの階層、機器の概要、3Dモデル、カスタマイズ可能なクイックリンクを介して簡単に確認可能。
  • 大規模なデータセットとの迅速な対話や、折れ線グラフ、散布図、インタラクティブなインフォグラフィックス、埋め込み式のサードパーティ製レポートなどの柔軟な構成オプションを含む、時系列データの簡単なデータ可視化を使用して、機器の分析を行います。
  • しきい値と通知を介してリアルタイムの機器状況を監視し、オペレーターが対応できるようにアプリ内通知と電子メール通知の両方を含む、ラベル付きデータのコレクションの作成を支援します。
  • Power BI、Grafana、Tableau、Qlik Senseなどの複数のダッシュボードを単一のビューに統合による利便性の向上。

Asset Data Insightは、利用可能なすべてのデータを迅速かつ信頼性の高い方法でアセットオペレーターに提供し、使いやすい分析ツールを提供し、必要に応じて情報を構造化できるようにダッシュボードの柔軟性を提供します。

Asset_Data_Insight

Asset Data InsightはCognite Data Fusion(CDF)を搭載しており、個々のセンサー、スマートデバイス、エンタープライズシステム、運用システムからペタバイト規模のデータを収集、クリーンアップ、コンテキスト化して、人間にとっても意味のあるデータのまとまりを作成します。アセットオペレーターがアプリケーションの通知にtrue / false positiveまたはtrue / false negativeとしてラベルを付けることで、ラベル付きデータのコレクションを作成するのに役立ちます。このラベル付きデータはCDFに返送され、アルゴリズムのトレーニングに役立ち、将来の障害の確率を推定できます。

特徴

  • 機器の詳細、ドキュメント、センサー値、3Dモデル、メンテナンス履歴など、すべてのデータを一括して表示します。
  • グローバル検索、資産階層、機器タイプの階層、3Dモデル、機器概要ページ、通知、クリック可能なP&ID、クイックリンクなど、複数のエントリーポイントからデータにアクセスできます。
  • チャート、散布図、インタラクティブなインフォグラフィックス、埋め込み型のサードパーティ・レポートなど、大規模な時系列データのデータ・ビジュアライゼーションを使用して、リアルタイムの資産の健全性を分析します。
  • 通知と組み合わせたしきい値を適用し、実際の機器の状況に基づいて、将来起こりうる故障を事前に対応します。

 

Asset_Data_Insight_2

Asset_Data_Insight_3

 

 

Asset Data Insightの資料を
ダウンロード

Download now