製造業の現場におけるロボットとデータの活用

ロボットを活用することで、安全性と生産性を向上しながらデータの収集が可能となり、データを用いた創造性のある仕事に集中することができるようになります

Scroll-Icon (1)

新しい同僚との協力

製造業にでの様々な作業はロボットが最適です。ロボットは同じ作業の繰り返しに活用でき、人間には危険な場所や遠隔地でも利用可能です。そして、なにより繰り返しのデータ収集作業をカメラやセンサーを通して実現可能です。

Cognite Data Fusion (CDF)は業務の高度化のために最適なDataOpsプラットフォームです。センサーや工場設備の階層構造、空間情報、ドローンから車輪や四足歩行のロボットまで、様々なデータをデジタルツイン上につなげて一元管理したり、APIを通して自動的に集約したりすることが可能です。CDFはこのようなデータの関連付けを効率的・大規模に実施可能で、データを基にした日々の業務計画の実現を支援します。

cdf robotics
robotics

自動検査の実現

夜間勤務は必要ありません。ロボットを利用して、検査や日々の作業を自走化して、生まれた時間を創造性のある仕事に利用しましょう。ロボットは日々の設備点検を自動化し、付属した360度カメラから取得した画像データ利用することで、遠隔運用に必要となるデータや3Dモデルの更新も可能となります。

遠隔地でも思いのままに

現場の専門家を安全に
ロボットは人に代わって離れたリスクの高い場所や制限のついた場所で活動できます。また、高画質の動画をリアルタイムに撮影して提供してくれることで、人がその場にいるような状況を作ることも可能です。
ロボットの機能についてはこちらもご覧ください。

robotics
robotics

資産の監視

どこに何があるかを把握しましょう
ロボットはコンテナやトラック、リフトといった常に動くものを捉えて、どこに何があるかを検索することができるようにできます。

ロボットからのデータも管理

すべてのデータを一つに統合
Cognite Data Fusion(CDF)によって、ロボットはセンサーデータや3Dモデル、設備の関連情報などにアクセス可能となります。そのため、ロボットがタグや画像認識、空間認識を使って取得した現在のデータと、CDF上のデータと比較し、関連する設備情報として更新することが可能となります。

robotics

事例を見る

重厚長大企業でのロボットを活用したデジタル化を支援します。

X

DataOpsを実現した
お客様事例について

あなたの現場でもロボットと
データを活用しましょう