Menu
JP

会社概要

ノルウェーの大陸棚にある石油資源を中心とした石油探査・開発会社

www.akerbp.com

 

導入製品とソリューション

Cognite Data Fusion

お問い合わせ
概要

CogniteがAker BPのメンテナンスを
自動化し、時間とコスト削減を実現

カレンダーベースのメンテナンスは、機器の状態をチェックする非効率的な方法です。エンジニアは、多くの時間をメンテナンスの必要としない機器の動作状態の確認に費やしています。

Aker BPはCognite Data Fusionを使用してプロセスシャットダウン(PSD)バルブメンテナンスプロセスを最適化し、バルブが最後に操作されたときと、移動時間の要件を満たしたかどうかを自動的に記録するシステムを作成しました。

Icons Updated-91-Aug-09-2021-04-48-24-29-PM

50%平均的なメンテナンス時間を削減

Icons Updated-57-1

80%エンジニアがテストに費やす時間を削減

Icons Updated-40-Aug-09-2021-04-50-57-38-PM

66%年間メンテナンスチェックの削減

課題

CogniteはAker BPと協力してコントロールシステムデータを解放し、Valhall油田の生産に不可欠な機器メンテナンスにより多くのリソースの利用を可能に

Aker BPはCognite Data Fusionを使用してプロセスシャットダウン(PSD)バルブメンテナンスプロセスを最適化し、バルブが最後に操作されたときと、移動時間の要件を満たしたかどうかを自動的に記録するシステムを作成しました。

ソリューション

Aker BPはCognite Data Fusionを使用して、Valhall油田でのPSDバルブメンテナンスプロセスを自動化および最適化し、Asset Data Insightアプリケーションでエンジニアがデータを利用できるようにしました。これは、コンピューター、スマートフォン、およびタブレットでアクセスできます。

Cognite Data Fusionは、Aker BPの制御システムからデータを取り込み、バルブが使用されたときにログを記録し、結果を移動時間基準と比較します。エンジニアは、Asset Data Insightのすべてのバルブの概要を確認し、設定された基準を満たさないバルブの作業指示書を生成できます。

バルブはプラットフォームの3Dモデルで表示することもできるため、エンジニアは設備上のさまざまな機器をすばやく見つけるための視覚的なツールを利用できます。

将来、Aker BPはコンピューター化されたメンテナンス管理システム(CMMS)をCognite Data Fusionと統合することで、会社が作業指示書を自動的に生成できるようにし、メンテナンスの管理側に費やす時間をさらに削減する予定です。

 

 

効果

メンテナンスの自動化への移行は、エンジニアが各バルブを手動でチェックするために低速のオフショアシステムを使う必要がなくなったことを意味します。この変更により、エンジニアが1年にPSDバルブのテストに費やす時間を約80%削減できると推定されています。また、年間保守点検の回数を3分の2に削減し、平均保守セッションの期間を半分に削減します。

安全性が重要な機器のチェックにかかる時間を短縮することにより、Aker BPはこれらのリソースを生産に重要な機器のメンテナンスやその他の重要なタスクの実行に再投資できます。