<img height="1" width="1" style="display:none;" alt="" src="https://px.ads.linkedin.com/collect/?pid=1719028&amp;fmt=gif">

AarbakkeとCogniteがCNCマシンの
長寿命化を実現

機械に関するデータを一か所に集約することで、製造業は、潜在的な故障を事前に予測できる未来に近づくことができます。

Aarbakkeは機械の故障による計画外のダウンタイムを減らし、サービスコストを20%削減

概要

AarbakkeとCogniteの開発者は、Cognite Data Fusion(CDF)のデータを使用してCNCマシンのアラームダッシュボードを作成し、エンジニアが故障回数を減らし、機械寿命を延ばすことに貢献しました。

How Aarbakke and Cognite are extending-01
20〜30%
サービスコスト
削減
How Aarbakke and Cognite are extending-02
ダウンタイムと
計画外停止を削減
How Aarbakke and Cognite are extending the lifetime of CNC machines-03
優先度順に並ぶ
タイムリーな
アラート

チャレンジ

Aarbakke社は、ノルウェーのBryneにある工場に数十台のコンピュータ数値制御(CNC)マシンを保有しています。これらの機械は、石油・ガス産業の顧客が求める高精度の製品要件を達成するために、時には希少な素材に対し複雑な操作を行います。
これまで、CNCマシンは知らず知らずのうちに最適ではない方法で操作されることがあり、故障する前のアラートや警告はありませんでした。例えば、摩耗や破損につながる冷却剤またはオイルの温度上昇、腐食や細菌・真菌の増殖を引き起こす冷却材のpHや塩分濃度の誤り、潤滑油消費量の誤り、機械のメンテナンス漏れなどの問題があります。

Aarbakkeには、これらのマシンアラームのマスターログと、重要度の低いアラームを除外するシステムがありませんでした。サービスマネージャーは、これまで、重大な問題が発生するたびに作業員が報告書を提出することに頼っていました。それ以外の方法は、サービスマネージャが個々のマシンを物理的に回り、手動でローカルログを取得してアラームを確認するしかありませんでした。

machine-service-overview

ソリューション

AarbakkeとCogniteは、最初にマシンアラームに関するデータをソースシステムから民主化し、Cognite Data Fusion(CDF)に取り込みました。すべてのデータを一か所から取得できることで、開発者はすべてのアラームの概要を表示するダッシュボードを作成し、さらに、マシンや問題ごとにアラームをグループ化しました。これにより、サービスエンジニアは特定の問題やマシンを正確に突き止め、それらに対処するためにターゲットを絞ったメンテナンスを実行できます。

AarbakkeとCogniteは、最重要なアラームが常にリストの最上部に表示されるよう、サービスマネージャーがアラームに重要度を設定する機能など、将来的にダッシュボードにさらなる機能を追加する予定です。

aarbakke

インパクト

運転パラメータの監視を改善し、アラームや警告の記録を一元的に見ることができることで、故障の数が減り、マシンの寿命を延ばすことができます。さらに、アラームに関するコンテキスト化済み構造化データを収集することで、発生前に潜在的な障害を予測できる未来へ、Aarbakke社を後押しすることができます。

Aarbakkeはこのダッシュボードがサービスコストを20〜30%削減し、ダウンタイムを削減し、機械的な理由による計画外停止を回避することができると見積もっています。

Cogniteに問い合わせてみませんか?

データの潜在的な力を解放して、日々のメンテナンスを改善しましょう

お問い合わせ

おすすめ

2020年05月10日
スマートファクトリー:データが産業のデジタルトランスフォーメーションを加速する
詳細はこちら 詳細はこちら
2020年05月08日
【FORRESTERレポート】デジタル化の現状・課題と変革を進める方策
詳細はこちら 詳細はこちら
2020年04月22日
オペレーショナルデジタルツイン:コンテキスト化されたデータで産業界のオペレーションを変革する方法
詳細はこちら 詳細はこちら