<img height="1" width="1" style="display:none;" alt="" src="https://px.ads.linkedin.com/collect/?pid=1719028&amp;fmt=gif">

AarbakkeとCogniteがCNCマシーンの
寿命の延長を実現

機械のデータを一つの場所に集約することで、製造業は障害が発生する前に予測し、対策することを実現できます

Aarbakkeが機械の故障による想定外のダウンタイムを減らし、サービスコストを20%削減を実現

要約

AarbakkeとCogniteの開発者はCognite Data Fusion(CDF)のデータを使用してCNCマシンのダッシュボードを作成し、機械の故障を減らし、機械寿命を延ばすことを可能にしました。

How Aarbakke and Cognite are extending-01
20-30%
サービスコスト削減
How Aarbakke and Cognite are extending-02
ダウンタイムと想定外の故障を削減
How Aarbakke and Cognite are extending the lifetime of CNC machines-03
優先度に基づいたリアルタイムのアラート

チャレンジ

Aarbakkeには、ノルウェーのBryneにある工場に数十台のコンピューター数値制御(CNC)マシンがあります。この機械は、特別な材料に対し複雑な工程を行い、石油およびガス産業の顧客が要求する非常に正確な製品要件を充します。
今まで、CNCマシンは知らず知らずのうちに最適ではない方法で操作をおこない、故障する前にアラートや警告はありませんでした。例えば、冷却剤またはオイルの高温になると、摩耗や裂けにつながります。冷却材のpHと塩分濃度が間違っていると、腐食や細菌や真菌の増殖を引き起こす可能性があります。不正確な潤滑油を消費することで、機械のメンテナンスが失敗したりします。

Aarbakkeには、これらのマシンアラームのマスターログや、重要度の低いアラームを除外するシステムがありませんでした。サービスマネージャーは、これまで、重大な問題が発生するたびに作業員に報告書を提出するように指示していました。それ以外の場合、サービスマネージャは個々のマシンに物理的にアクセスし、ローカルログを手動で確認し、アラームを表示する必要がありました。

machine-service-overview

ソリューション

AarbakkeとCogniteは、最初にシステムから機械アラームに関するデータを解放し、Cognite Data Fusion(CDF)に取り込みました。開発者は、すべてのデータを1か所から取得し、すべてのアラームの概要を表示するダッシュボードを作成するとともに、機械と異常ごとにアラームをグループ化します。これにより、サービスエンジニアは特定の問題やマシンを特定し、それらに対処するためのメンテナンスを実行できます。

AarbakkeとCogniteは、サービスマネージャーがアラームに重要度を設定し、最重要なアラームが常にリストの最上部に表示されるようにする機能など、ダッシュボードに新たな機能を追加する予定です。

aarbakke

インパクト

作業パラメータの監視と、アラームと警告の記録を一元的に見る機能により、故障の数が減り、マシンの寿命が延びます。それ以上に、アラームに関する意味付けし構造化されたデータを用いることで、Aarbakkeは、発生する前に潜在的な障害を予測できる未来を実現することができます。

Aarbakkeはダッシュボードが補助費用を20-30パーセントほど削減し、機械に起因する生産ストップを回避することができると見積もっています。

Cogniteに問い合わせてみませんか?

データの潜在的な力を解放して、日々のメンテナンスを改善しましょう

お問い合わせ

おすすめ

09 February 2020
Cogniteがリスク要因を可視化することで、AKer BPの作業員の安全性向上を実現
詳細はこちら
09 February 2020
Cognite Data Fusion (CDF)が製造業の計画外の障害とメンテナンスコスト削減を実現
詳細はこちら
09 February 2020
Cognite Data Fusion(CDF)が横河電機の製造工場のメンテナンス業務をサポート | コグナイト
詳細はこちら