Cognite Data Fusionにより
FramoとAker BPはスマートサービス型の契約に変更

ポンプのサプライヤであるFramoがCognite Data Fusionを使用することで運用データへのアクセスを実現。

Framoは運用データを活用することで、ノルウェー大陸棚初のポンプのパフォーマンスに基づいた契約Aker BPと締結しました。

概要

従来の産業インフラストラクチャーでは、サプライヤーとの関係は売買取引に限定されていました。

Framoは、Aker BPと緊密に連携し、かつCognite Data Fusion(CDF)を活用することで、Aker BPの産業データにアクセスが可能になりました。CDFへのAPIアクセスにより、Framoは製品開発部門にデータの提供を可能にし、かつAker BPのERMシステムと連携することで、作業指示を可能にし、設計、エンジニアリング部門へフィードバックループを実現しました。

Framoは、CDFを使用することで、リアルタイムデータをもとにした効果的なサービスベースのビジネスモデルを開発、実施しました。

How Cognite Data Fusion enabled-01
30% メンテナンスの削減
How Cognite Data Fusion enabled-02
70% シャットダウンの削減
How Cognite Data Fusion enabled-03
40% ポンプの可用性が向上

チャレンジ

従来の産業インフラでは、サプライヤーとの関係はトランザクション形式に限定されていました。その結果、定型レポートや不定期なメンテナンススケジュール、これらによる無駄なコストやリソースが両者に生じていました

Framoは、海洋産業にポンプを提供するグローバルベンダーです。歴史的に、彼らは石油およびガスのオペレーションデータにアクセスし、データの活用をすることはできませんでした。データは、機器の故障などの特定のイベントにリンクされた散発的なプロジェクトでのみ利用可能でした。Framoがクライアントの産業データに過去およびリアルタイムでアクセス可能になったことにより、既存の製品およびサービスを改善、または革新するために必要な情報が得られるようになりました。

main

ソリューション

Aker BPと緊密に連携して、FramoはCognite Data Fusion(CDF)を使用してAker BPの産業データにアクセスしました。CDFへのAPIアクセスにより、Framoは製品開発に役に立つ情報を得ることが可能になりました。Aker BPのERMシステムと統合することで、作業指示を設定し、設計とエンジニアリングでフィードバックループを実現することができました。そこから、Framoはリアルタイムデータによって通知される、より効果的なサービスベースのモデルを開発し、実現することができました。

rig

インパクト

リアルタイムデータが活用できるようになったため、ユーザーは高度な分析や機械学習を駆使することによりパフォーマンス向上、さらには新製品の投入が可能になります。この新しい働き方は、新たなビジネスモデルの基盤となり、ベンダーは機器の単なる販売からサービスベースのモデルへの移行が可能になります。

Cogniteについてもっと知る

FramoとAker BPのパフォーマンスベースの契約について問い合わせてみる。

お問い合わせ

おすすめ

2021年05月20日
【英語】How to Build a Digital Business Technology Platform
詳細はこちら 詳細はこちら
2021年05月11日
データドリブンなプラント操業を実現、千代田化工建設のDXを支えるデータ基盤
詳細はこちら 詳細はこちら
2021年05月11日
プラント操業における課題の解決へ、 日揮の取り組みを支えるデータ基盤とは?
詳細はこちら 詳細はこちら