Aker BPとCogniteがAlvheimでの石油とガスの正しい配分を確保し、生産損失を最小限に抑えることを実現

MPFMの新しい測定方法の導入により、遅延と損失を劇的に削減

Aker BPは、従来の検量プロセスを最適化し、精度を犠牲にせず生産ロスを減らしました。

概要

Aker BP、Cognite、および担当のデータサイエンティストは、Cognite Data Fusion(CDF)Asset Data Insightを活用しAlvheim油田での炭化水素の正しい割り当てに不可欠なセンサーアレイの検量用の新しいアルゴリズムを開発しました。この方法は、検量に関連する遅延と損失を排除し、年間350万ドル以上節約をAker BPにもたらす可能性があります。

How Aker BP and Cognite secured correct allocation of oil and gas at Alvheim with minimal production loss-01
350万ドル
検量ンプロセスの最適化による年間推定節約量
How Aker BP and Cognite secured correct allocation of oil and gas at Alvheim with minimal production loss-02
新しいアプローチで遅延が95%減少
How Aker BP and Cognite secured correct allocation of oil and gas at Alvheim with minimal production loss-03
新しいフィールド開発の割り当て精度が向上

課題

6つの石油会社が、北海のAlvheim油田の32の生産井から流れる炭化水素を所有しています。元々のフィールドには、各企業のシェアに応じて収益を分割する3人の所有者がいますが、既存のAlvheim油田に関係する3つのフィールドでは、状況はより複雑です。合計で5社が、これらのいわゆるサードパーティの分野から生産された炭化水素に出資しており、所有権の割合は各分野で異なります。これは、所有者が生産された石油とガスのシェアを確実に得るために、各フィールドからの流れを正確に監視する必要があることを意味します。

すべてのサードパーティ製フローラインは、サードパーティ製セパレーターと呼ばれる同じセパレーターにルーティングされます。このセパレーターは、混合流体をオイル、ガス​​、および水流に分離します。この段階では、特定の各フィールドからの生産量に関するすべての情報が失われます。したがって、分離器の上流の各フィールドからの流れの正確な測定を実行する必要があります。これらの測定は、フィールドごとに専用の多相流量計(MPFM)によって行われます。 

MPFMは、混合されたオイル、ガス​​、および水の個々の相の流れを測定するセンサーの配列で構成される高度なデバイスです。MPFMは各フェーズに比例した流量を出力しますが、その測定値を絶対流量に変換するには、メーターをベンチマーク流量を参照して計算する必要があります。単相流の流量を測定する分離器の下流のセンサーはより正確であるため、MPFM検量プロセス中の基準として使用されます。

現在の状態での検量に関する主な課題は、Alvheimのインフラストラクチャに関連しています。浮体式生産、貯蔵、および荷揚げ(FPSO)船には、2つのトップサイドイン・レットセパレーターのみがあります。1つはアルブハイムフィールドライン専用、もう1つはサードパーティライン専用です。毎月の検量プロセス中に、2つのサードパーティラインがAlvheimセパレーターに再ルーティングされ、検量リファレンスと直接比較するためにサードパーティセパレーターに接続されたラインは1つだけになります。このプロセスは、サードパーティの回線の各MPFMを調整するために3回実行されます。再ルーティングにより、Alvheimセパレーターが最大容量を超えるため、Aker BPは検量中に生産を停止するか、井戸を閉鎖する必要があります。

alvheim-fpso

ソリューション

Aker BPとCogniteは、MPFMを検量するための新しい方法を提案し、テストしました。これにより、遅延と損失が劇的に減少します。新しい検量手法では、アルゴリズムを使用して、Alvheimセパレーターに再ルーティングする必要があるサードパーティの回線の数を減らします。アルゴリズムの1つのバージョンでは、1行だけを再ルーティングする必要があります。もう1つは、生産の計画変更を使用してMPFMを実質的にロスレスに調整することで、再ルーティングを完全に廃止します。

uc2

効果

ラインの再配線の必要性を減らすことにより、Aker BPはAlvheimセパレーターの負担を軽減できます。現場でのテストにより、MPFMの現在の検量方法を新しいものに置き換えると、延期が95%以上減少し、Aker BPが年間推定350万ドル節約できることがわかりました。この方法は簡単に拡張可能であり、将来のAlvheimとの連携にも適用できます。また、この新しい方法は、資本支出を削減し、新しいフィールド開発の割り当て精度を改善するために使用できると考えられています。

alvheim-reservoir-small-v2

Cogniteに問い合わせてみませんか?

データの潜在的な力を解放して、日々のメンテナンスを改善しましょう

お問い合わせ

おすすめ

2021年05月20日
【英語】How to Build a Digital Business Technology Platform
詳細はこちら 詳細はこちら
2021年05月11日
データドリブンなプラント操業を実現、千代田化工建設のDXを支えるデータ基盤
詳細はこちら 詳細はこちら
2021年05月11日
プラント操業における課題の解決へ、 日揮の取り組みを支えるデータ基盤とは?
詳細はこちら 詳細はこちら