Cognite Data FusionがAker BPの重要な機械のメンテナンス概要の迅速な把握を実現

データ収集とデータのストリーミングをリアルタイムで自動で行うことで実現しました

Cognite Data Fusion(CDF)は、Aker BPが管理作業を削減し、メンテナンスの計画プロセスを改善するのに貢献しました。

概要

Cogniteは4つの異なるソースシステムからのコンテキスト化されたデータを1つのダッシュボードに結合し、Aker BPのオフショアおよびオンショアメンテナンス部隊に、重要な機器のメンテナンスステータス状況を確認するためのシンプルで強力なツールを提供します。

How Cognite Data Fusion enabled quick maintenance overviews of critical equipment for Aker BP-01
15 時間
データ収集の自動化により時間を節約
How Cognite Data Fusion enabled quick maintenance overviews of critical equipment for Aker BP-02
4つの異なるソースシステムからデータを解放し統合
How Cognite Data Fusion enabled quick maintenance overviews of critical equipment for Aker BP-03
重要な機器ステータスの概要把握による効率性向上

チャレンジ

Aker BPのオフショアおよびオンショアメンテナンス組織は毎週水曜日にミーティングを行い、来週にわたって行う、すべての設備における重要な機器メンテナンスの優先順位について議論します。効果的なミーティングのために、組織は事前にスプレッドシートを作成し、出席者に重要な機器のメンテナンス状況に関する概要を提供します。

スプレッドシートの組み立ては、潤滑油チャート、時系列データ、保守作業指示書など必要な情報を収集するために多数の異なるシステムにアクセスする必要があるため、週に最大15時間かかる面倒なプロセスです。

people_device

ソリューション

4つの異なるソースシステムから解放されコンテキスト化されたデータを認識し、Power BIダッシュボードにリアルタイムでストリーミングします。ダッシュボードは、色分けされたラベルを使用して、オフショアおよびオンショアのメンテナンス組織が来週のメンテナンスリソースをどこに集中させ、将来のメンテナンス作業の可能性を発見するのに役立ちます。

image2019-6-26_12-37-14

インパクト

メンテナンス概要ダッシュボードは、オフショアおよびオンショアのメンテナンス組織が毎週のミーティングの準備に費やす時間を短縮し、組織がメンテナンスの優先順位の設定に集中できるようにします。ダッシュボードでは、重要な機器の概要を提供するだけでなく、個々の作業オーダーを詳細に調べて、完了までの推定時間などの関連情報を見つけることもできます。

ダッシュボードは、時間のかかる管理作業を削減するだけでなく、Aker BPの大規模な保守および運用組織が重要な機器のステータスの概要を把握し、運用を効率化するのに役立ちます。

valhall_4ka3269

興味ありますか?

スマートメンテナンスに関して<br>Cogniteに問い合わせる。

お問い合わせ

おすすめ

2021年05月20日
【英語】How to Build a Digital Business Technology Platform
詳細はこちら 詳細はこちら
2021年05月11日
データドリブンなプラント操業を実現、千代田化工建設のDXを支えるデータ基盤
詳細はこちら 詳細はこちら
2021年05月11日
プラント操業における課題の解決へ、 日揮の取り組みを支えるデータ基盤とは?
詳細はこちら 詳細はこちら