<img height="1" width="1" style="display:none;" alt="" src="https://px.ads.linkedin.com/collect/?pid=1719028&amp;fmt=gif">

変圧器の故障を防ぐためにCognite Data Fusionが活用されています

モニタリング(監視)を改善し、安全性向上と故障時のコストを減らすことを実現

Cogniteは大手の送電系統事業者と協力して、変圧器の監視とメンテナンスの改善を実現しました。

年間で推定200万ドル(約2.2億円)のコスト削減効果が生まれました。

New call-to-action

概要

Cogniteとグリッドオペレーター(送電系統の運用者)は、Cognite Data Fusionで民主化され、コンテキスト化されたデータを使用して、変圧器の健全性指標を計算し、機器の監視を容易にし、データに基づいてメンテナンス作業の優先順位を付けることができるようになりました。

推定200万ドル(約2.2億円)年間コスト削減
データに基づいた保守・点検計画
変圧器の故障のリスク低減

チャレンジ

変圧器は、電力網の中で最も高価で重要な部品の一つです。重さが200トンを超えることも多く、この巨大な装置は送電網の重要な部分に設置されており、交流回路間で電気を転送したり、必要に応じて電圧を増減させたりしています。

変圧器が故障すると、停電を引き起こし、電力会社にとって、生産損失につながる可能性があります。最悪の場合、故障した変圧器が火災を起こし、爆発することもあります。故障した変圧器の修理や交換は、費用も時間もかかります。

Cogniteは大手の送電線事業者と協力して、変圧器の保守・点検方法を改善しました。現在、この送電線事業者は数百台の変圧器を保有しており、年に1回程度、故障が生じています。送電系統事業者は、定期的に変圧器のメンテナンスを行うとともに、停電時に迅速に電力を復旧できるように部品の交換投資を行っています。

送電系統事業者からは、このプロセスを改善していきたいとの要望がありました。送電系統事業者が変圧器の故障の兆候を早期に発見し、交換部品へのコストを最適化するためにはどうすればよいのでしょうか?

ソリューション

Cogniteは送電網を提供している事業者と協力して、温度、負荷、溶存ガス分析、技術仕様書、検査ログなど、変圧器に関する情報を複数のソースシステムから取り出し、Cognite Data Fusion (CDF)に統合しました。

変圧器に関連するすべてのデータに一箇所でアクセスできることで、開発チームは電力網内のすべての変圧器の健全性指標を計算することができるようになりました。その健全性指標はダッシュボードで可視化され、グリッド(送電網)のエンジニアは変圧器全体を一目で監視し、優先的にメンテナンスを実行するべき箇所を特定することができます。

インパクト

健全性指標は、送電線事業者がデータに基づいて、変圧器のメンテナンスを計画するのに役立ちます。変圧器の故障1件あたりのコストは500万ドル以上です。この送電網事業者は、今後5年間で故障の可能性を20~50%削減するという目標を設定しており、短期的には年間約200万ドルの節約になります。

New call-to-action

Cogniteに問い合わせてみませんか?

デモをリクエスト

おすすめ

2020年05月10日
スマートファクトリー:データが産業のデジタルトランスフォーメーションを加速する
詳細はこちら 詳細はこちら
2020年05月08日
【FORRESTERレポート】デジタル化の現状・課題と変革を進める方策
詳細はこちら 詳細はこちら
2020年04月22日
オペレーショナルデジタルツイン:コンテキスト化されたデータで産業界のオペレーションを変革する方法
詳細はこちら 詳細はこちら