Cognite Data Fusionが系統接続申請のプロセスを改善

民主化され、コンテキスト化されたデータが時間とコストの削減を実現

Cogniteは、大手送配電事業者と協力して、新しい装置を系統に接続する時間を短縮しました。

このソリューションは、1年で約120万ドルの価値を生み出すと推定されています。

概要

Cogniteと送配電事業者は、Cognite Data Fusionを使用して異なるシステムからデータを統合し、コンテキスト化することで、系統への接続申請のプロセスを簡素化しました。

年間推定120万ドル
データの収集とクリーニングにかかる時間を短縮
装置をより速くグリッドに接続

チャレンジ

電化社会のニーズに対応し、再生可能エネルギーへのシフトを加速させるためには、系統運用者は、安全かつ効率的な方法で新しい発電システムと消費者を系統に接続する必要があります。

系統接続の申請を処理するために、送配電事業者は、現在構築されている系統が追加の負荷に対応できるかどうかを判断するために、実現可能性調査や影響調査を実施します。そうでない場合は、ネットワークをアップグレードする必要があります。

これらの調査は時間のかかる分析作業です。送配電事業者は、数年分の過去のデータを調べて、系統が時間の経過とともにどのように変化してきたかを確認する必要があります。また、系統に接続する申請が、処理中の他の申請にどのような影響を与えるか、グリッド上で計画されている他の作業とどのように干渉するかを確認するために、将来を見通す能力も必要となります。

このプロセスの多くは、さまざまなシステムから情報を収集します。これには、顧客情報、電力網からのセンサーデータ、他の系統接続申請がどのように進行しているかに関する情報などが含まれます。送配電事業者の中には、系統接続の処理にかかる時間の半分もの時間が、データの収集とクリーニングに費やされていることを発見した人もいます。これは、装置を系統に接続しようとする再生可能エネルギー企業の増加と相まって、送配電事業者が申請のバックログを抱えていることも珍しくないことを意味しています。

ソリューション

Cogniteは大手送配電事業者と協力して、運用状況、切断、発電容量、センサー・データなどの情報をソース・システムから解放し、Cognite Data Fusion (CDF)に統合しました。

さまざまなデータセットが互いにコンテキストで構造化された後、開発チームは、送配電事業者のアナリストがコンテキスト化されたデータを探索するのに役立つ使いやすいアプリケーションを作成しました。このアプリケーションにより、ユーザーはさまざまな装置を素早くナビゲートし、負荷、容量、切断に関する情報を簡単に調べることができ、それらを可視化したり、さらなる分析のために準備したりすることができます。

インパクト

系統接続申請を処理するために必要なすべての関連情報に一箇所でアクセスできるため、より効率的に新たな電源をグリッドに追加することができます。これは、送配電事業者と社会全体の両方にメリットがあります。

送配電事業者は、申請の方法を改善することで、年間120万ドルの価値があると推定しています。この数字の半分は、分析者が異なるシステムからデータを収集してクリーンアップする必要がなくなることによる効率性の向上に関連しています。

Cognite Data Fusionについて問い合わせてみる

お問い合わせ

おすすめ

2021年05月20日
【英語】How to Build a Digital Business Technology Platform
詳細はこちら 詳細はこちら
2021年05月11日
データドリブンなプラント操業を実現、千代田化工建設のDXを支えるデータ基盤
詳細はこちら 詳細はこちら
2021年05月11日
プラント操業における課題の解決へ、 日揮の取り組みを支えるデータ基盤とは?
詳細はこちら 詳細はこちら