Wintershall Dea社の回転装置専門家をCognite Data Fusionが支援

コンテキスト化されたデータにより、複数のシステムへのアクセスが不要に

Cogniteは、Wintershall Dea社の施設のセンサーのトレンド、ドキュメント、その他のシステムのデータを解放し、ダッシュボード上に可視化することで、メンテナンスの専門家が回転装置に関する情報に素早くアクセスできるようにしました。

このソリューションにより、Wintershall Deaの専門家は週に7~10時間程度の時間を節約することができます。

概要

CogniteとWintershall DeaはCognite Data FusionAsset Data Insightを使用して、回転装置の専門家が複数のシステムにアクセスしてデータを収集する時間を解放しました。その時間は、価値を生み出す活動に再投資することができるようになりました。

timesaved
週に7-10時間の節約

チャレンジ

ドイツ沖合のMittelplate油田にあるWintershall Dea社の施設では、インジェクションポンプが貯留層の適正な圧力を維持し、多相ポンプが石油、ガス、水をDieksandの陸上施設に送り出しています。これらの種類のポンプは、ドイツ最大の油田での生産を円滑に行うために良好な運転状態でなければならない重要な回転装置の一例に過ぎません。

しかし、Wintershall Deaのメンテナンス専門家は、現在、回転装置のデータを簡単に閲覧する方法を持っていません。センサーデータの傾向、機器の状態、主要評価指標に素早くアクセスすることで、日々の分析、オペレーションの最適化、コストのかかる修理を回避することができます。

ソリューション

CogniteはWintershall Dea社と協力して、センサーのトレンド、ドキュメント、その他のシステムのデータを解放し、Cognite Data Fusion(CDF)で包括的なコンテキスト化されたセットとして収集しました。これらのデータは、スマートメンテナンスのためのCogniteの旗艦アプリケーションであるAsset Data Insightで簡単にアクセスできます。

CogniteおよびWintershall Deaの開発者は、コンテキスト化されたデータを使用して3つのPower BIダッシュボードを構築しました。これらのダッシュボードで、メンテナンスの専門家はポンプの運転概要を一目で把握することができます。ダッシュボードでは、それぞれのランディングページから、センサーの傾向、ポンプの重要な場所(ベアリングなど)の温度、正常な運転からの逸脱の早期警告、ライブデータを重ね合わせた配管・計装図(P&ID)を探索することができます。

rotatingequip

インパクト

Wintershall Dea社の回転装置メンテナンスの専門家は、情報を収集するために複数のシステムにアクセスする時間を排除することで、ダッシュボードが週に7~10時間の節約につながると見積もっています。データへのアクセスが改善し、より多くの時間を自由に使えるようになったことで、メンテナンスの専門家は、より高い処理能力を目指してWintershall Deaのオペレーションを最適化し、機器故障を引き起こす前にメンテナンスの問題を特定し、会社の施設の安全性を向上させることができます。

Cognite Data Fusionのデモをリクエスト

デモをリクエスト

その他の事例はこちら

2020年07月21日
Wintershall Dea社の回転装置専門家をCognite Data Fusionが支援
詳細はこちら 詳細はこちら
2020年07月21日
Wintershall Deaの状態監視をCognite Data Fusionが加速
詳細はこちら 詳細はこちら
2020年07月21日
Cognite Data FusionによってWintershall Deaのメンテナンス作業を効率化
詳細はこちら 詳細はこちら