Cognite Data FusionによってWintershall Deaのメンテナンス作業を効率化

データアクセスの改善で週に数時間の節約

Cogniteは、Wintershall Deaの設備保全管理システム(CMMS)のデータをユーザーフレンドリーなダッシュボードに集約し、資産管理レベルでのより良い意思決定を実現しました。

このソリューションにより、Wintershall Deaの専門家は週に10時間程度の時間を節約できています。

概要

CogniteとWintershall Deaは、Cognite Data FusionおよびAsset Data Insightを用いて、メンテナンス作業の包括的な概要を示し、優先順位と機会を明らかにしました。

Time saved
週に10時間の削減

課題

Wintershall Dea社の歴史は100年以上も前にさかのぼります。今日、同社は4つの異なる大陸で天然ガスと原油を探索し、生産しています。非常に多くの設備、パイプライン、車両、その他の資産を管理しなければならないため、社内で行われているすべてのメンテナンス作業から一歩離れて、より大きな傾向を分析することが難しい場合があります。腐食等の問題の頻度、特定の部品の故障頻度、予防保全に対して事後保全に会社がどれだけ費やしているか、などの課題も検討されてきましたが、結論が出るまでにはもっと時間が必要でした。

ソリューション

Cognite Data Fusion(CDF)は、Wintershall Deaの設備保全管理システム(CMMS)から作業指示に関するデータを解放し、使いやすいPower BIダッシュボード上に集めました。ダッシュボードは、機器故障を引き起こす要因、信頼性メトリクス、詳細なコスト内訳を集約し、同社の施設におけるメンテナンス作業の包括的な概要を提供します。

wdeamaintenance

効果

メンテナンスダッシュボードは、Wintershall Dea社の資産概要を改善し、メンテナンス作業に関するデータに基づいた意思決定を可能にします。異なる施設のメインおよびサブシステムに関する過去のメンテナンスデータを分析することで、より簡単に機器の信頼性についての結論を導出し、メンテナンスルーチンを改善し、生産を最適化することができます。

Cognite Data Fusionのデモをリクエスト

デモをリクエスト

その他の事例はこちら

2021年08月02日
Japan - How Energima built Properate on top of Cognite Data Fusion™
詳細はこちら 詳細はこちら
2021年07月06日
お客様事例:PGSが地震探査船による調査を効率化 | Cognite
詳細はこちら 詳細はこちら
2020年07月21日
お客様事例:Wintershall Dea社の回転装置専門家をCognite Data Fusionが支援 | Cognite
詳細はこちら 詳細はこちら