Menu
JP

会社概要

ノルウェーの製造会社で、製造、エンジニアリング、機械加工、クラッド溶接、組み立て、テスト、文書化など、顧客のプロジェクト全体を一気通貫で手がけています。

www.aarbakke.no

 

導入製品とソリューション

Cognite Data Fusion 

お問い合わせ
概要

Aarbakke社とCogniteが切削機械の効率化を実現

Aarbakkeは、Cognite Data Fusionを含むコグナイトが提供するDataOpsプラットフォームを使用して、機械操作データと作業指示を追跡する別々のシステム間の壁を取り除き、製造会社が切削機械の使用状況を分析して最適化に役立ちました。

このソリューションにより、Aarbakke社は工具の組み立てを60%削減し、切削工具の効率を10%向上を実現します。

Icons Updated-40-Aug-09-2021-04-50-57-38-PM

ツール組立時間を60% 削減

Icons Updated-57-1

10% 切削機械の効率性向上

Icons Updated-74

22,000以上の切削ツールの状況把握

課題

切削機械の非効率性

Aarbakke社のコンピューター数値制御機械は、希少素材などに対して複雑な作業を行うために22,000個以上の個別の切削ツールを使用しています。しかしながら、コンピューター数値制御装置は古く、作業員の経験も足りないなどの理由から、それぞれのツールが非効率に使われてました。そして、作業員と製造責任者はパーツが完成するまで最適な切削プロセスに気がつきませんでした。

また、ツールの使用とパフォーマンスの概要を把握することも困難です。一部のツールは1日で何時間も使用される場合もあれば、ほとんど使用されない場合もあります。

 
ソリューション

Cognite Data Fusion (CDF)により、Aarbakkeはシステムからデータを解放し、それを視覚化し、ツールの使用を最適化するために使用

Aarbakkeはもともと機械の稼働データや業務指示の記録を複数の独立したシステムに持っていました。そして、各システムは互いに連携していない状態でした。そのためCogniteとAarbakkeは、データをそれぞれのシステムから解放し、すべてのデータをCognite Data Fusionに集約することで、簡単にダッシュボード上でデータの可視化を行えるようになりました。

このダッシュボードは、製造責任者、チームリーダー、作業員に、最も頻繁に使用されている機械の概要を提供し、機械が切り込んでいる素材に基づいて使用状況を色分けします。 Aarbakkeはこの情報を使用して、切削中の工具の使用を最適化し、切削時間を短縮しました。

 

unnamed-3

効果

機械の過去の稼働データとそのパフォーマンスを分析することにより、Aarbakkeはツールの組立時間を最大60%削減し、残りの機械の効率を10%向上させること可能になります。

aarbakke