Menu
JP

会社概要

ノルウェーの大陸棚にある石油資源を中心とした石油探査・開発会社

www.akerbp.com

 

導入製品とソリューション

Cognite Data Fusion

Reveal 3D viewer

お問い合わせ
概要

Cogniteがリスク要因を可視化することで、AKer BPの作業員の安全性向上を実現

Aker BPは、Cognite Data Fusion (CDF)とCogniteのREVEAL 3Dビューアを含むCogniteが提供するDataOpsを使用して、Ivar Aasen油田でコンフリクトや危険な状態が今後のメンテナンス作業にどのように影響するかを視覚化するツールを構築しました。

Icons Updated-108-1

リスク要因の可視化による作業員の安全性向上

Icons Updated-38-2

作業許可の会議に関する時間を短縮

Icons Updated-71-1

コンプライアンス要因の明確な概要把握

課題

Aker BPでは、Cognite がリスク要因を可視化し、作業員の安全性を向上

Aker BPの施設で毎日夕方に行われるオフショア会議では、翌日の議題が設定されます。1時間の会議の目的は、翌日に計画されているタスクのリスク評価を実行して、作業を安全かつ効率的に実行できるようにすることです。

ただし、オフショア管理チームは、現在の会議構造には改善の余地があると感じています。作業許可、オペレーションリスク評価、および一時的な逸脱に関するデータは個別のシステムに保存されます。つまり、チームのメンバーは、会議の前と会議中に、情報へのアクセスと編集に多くの時間を費やします。

技術的な障害に加えて、人間の要素があります。流出やノイズを発する機器など、日中に観察された逸脱などのリスクにさらされる要因や計画に影響する要因は、システムに手動で入力する必要があります。または、会議中に持ち出すこともできます。

作業量、複雑さ、および場合によってはシステムサポートが限られていることを考えると、安全性への懸念がひび割れする可能性があります。

ソリューション

Aker BPでは、 Cogniteがリスク要因を可視化し、作業員の安全性を向上

Aker BPは、作業許可、漏れ、バリア障害、油井の状態、ノイズレベルなどに関するデータをCognite Fusionに送りました。InkerzionizerとOmegaと連携して、Aker BPはCogniteの3Dビューアを使用して、コンフリクションや危険な状態が今後のメンテナンスタスクに関連するリスクにどのように影響するかを示す視覚化ツールを構築しました。

たとえば、技術者はこのツールを使用して、メンテナンスが行われるエリアで報告された最新の騒音レベル、および他の階層を含む装置の複数のメンテナンスタスクが近くにあるか確認することができます。

効果

Aker BPは、作業許可、リーク、バリアーの障害、坑井の健全性の状態、騒音レベルなどのデータを組み合わせることで、効率と作業員の安全性を向上


視覚化ツールは、オフショア管理チームに今後のメンテナンスタスクの安全な実行に影響する要因の明確な概要を提供することにより、労働者の安全性を高めます。Aker BPは、ノルウェー石油安全局によって施行されている健康、安全、環境(HSE)規制の下で責任を果たし、労働許可会議中のリスク評価を促進します。