Menu
JP

会社概要

ノルウェーの大陸棚にある石油資源を中心とした石油探査・開発会社

www.akerbp.com

 

導入製品とソリューション

Cognite Data Fusion 

Asset Data Insight

InField

お問い合わせ
概要

Cogniteの製品がAker BPのCO2削減に貢献

Aker BPは、Cognite Data Fusion(CDF)に保存されたデータを使用して、スカルフ油田のFPSO(浮体式生産貯蔵積出設備)に蒸気タービンを設置した場合の影響を調査しました。
Aker BPが2025年までに年間10万トンのCO2排出量を削減することを目指しています。

Icons Updated-92

CO2排出量を削減

Icons Updated-13

計画プロセスの改善

Icons Updated-11

保守コストの削減

課題

CO2排出量の削減

欧州最大級の独立系石油・ガス事業者であるAker BPは、2017年に91万トンの二酸化炭素を排出しました。同社は、2020年からCO2排出量を石油換算で1バレルあたり現在の7.6~8.1kgから5kg以下に削減するという目標を掲げています。

その目標達成の一環として、Aker BPはノルウェー海のスカルフ油田でのCO2排出量削減を目指しています。スカルフ油田のFPSO(浮体式生産貯蔵積出設備)は、4基のガスタービンを搭載しています。現在、Aker BP社は、FPSOでは4基のうち3基のタービンを稼働させる必要がありますが、蒸気タービンを導入することで、CO2排出量を削減することができます。蒸気タービンを設置することで、Aker BPは2基のタービンのみでFPSOを稼働させることができ、ガス燃焼による排出量を大幅に削減することが見込まれます。

Skarv AkerBPweb-2

 

ソリューション

排出量削減のためのより大きな研究

Aker BPのエンジニアは、生産最適化のためのCogniteの主要アプリケーションであるAsset Data InsightからCognite Data Fusion (CDF)に保存されているデータにアクセスし、蒸気タービンプロジェクトの完成までの時間とコストの計算を行いました。これらの計算は、スカルフ油田の排出量を削減する方法についての大規模な調査の基礎となりました。

また、エンジニアはCognite社の運用保守アプリケーションであるInFieldを使用して、点群データも統合されたスカルフ油田のFPSOのリアルな3Dモデルをレビューし、蒸気タービンの配置を検証しました。

これらのアプリケーションは、プロジェクトに関連する課題や機会について、Aker BPの内外の異なるグループ間で共通の理解を生み出すのに役立ちました。また、すべての関係者がデータや3Dモデルに簡単にアクセスして確認できるようになったことで、オフショアへの出張の必要性が減り、Aker BP内のさまざまなチーム間のコミュニケーションが改善されました。

効果

このプロジェクトにより、Aker BP社は2025年までに年間10万トンのCO2排出量を削減

データに基づいた調査では、蒸気タービンプロジェクトにより、Aker BPは2025年までにスカルフ油田からのCO2排出量を年間10万トン削減することが可能であり、これは同社の持続可能性の目標を達成するための大きな削減につながると判断しました。

Asset Data InsightとInFieldは、Aker BP社がより効率的に調査を実施するのを支援しました。写真測量画像を撮影し、点群データを収集するための1週間を除き、調査全体は海上での検証を行わずに実施されました。これにより、オフショアでの滞在日数を約60日短縮することができました。

さらに、この蒸気タービンプロジェクトは、Aker BP社にさまざまなメリットをもたらします。

  • 新型蒸気タービンの効率が大幅に向上し、メンテナンスコストが約30%削減されます。
  • スカルフ油田のFPSOの発電に必要なガスタービンの数を3基から2基に減らすことで、Aker BP社は発電のために使用されていたガスを売却することができます。
  • 最後に、スカルフ油田のFPSOの3Dモデルを充実させるために撮影された写真測量画像は、他のプロジェクトやイニシアティブに再利用されます。

skarvheli