Menu
JP

会社概要

ノルウェーの大陸棚にある石油資源を中心とした石油探査・開発会社

www.akerbp.com

 

導入製品とソリューション

Cognite Data Fusion

Asset Data Insight

お問い合わせ
概要

CogniteがAker BPに高速で正確な
コンディションモニタリングを提供

Cognite Data FusionとSiemens IMSおよびダッシュボードとの相互運用により、Aker BPのIvar Aasen現場外のチームのリアルタイムの状態監視が可能になり、予測メンテナンスの有益な可能性に向けて業界が推進されます。

Icons Updated-38-2

1,300時間
CDFとのスムーズな統合により時間を節約

Icons Updated-06

400,000以上のドキュメントを収集、読み取り、コンテキスト化

Icons Updated-101

1つの安全なエントリポイントを介して200億のデータポイントが利用可能

課題

貴重なデータがアクセスできないシステムに閉じ込められている 

Aker BPは、シーメンスにすべてのIvar Aasenフィールドデータへのアクセスを可能にしました。シーメンスは、制御システムを介してプロセスデータを取得し、ほとんどのサードパーティ機器データは制御システムに接続して、IMSに直接送られました。ただし、通常はシーメンスがアクセスできない他のいくつかのシステムが残っており、作業指示、作業許可、文書システム、HMS情報などの潜在的に価値のあるデータが残っていました。

engine-room

ソリューション

クリーンでコンテキストのあるデータ

シーメンスは、Cogniteに目を向けました。Cogniteのクラウドネイティブな産業用データプラットフォームは、NCS上のAker BPのアセット全体で既に運用されていました。Cognite Data Fusionは、より多くの種類のデータをスペース制限なしで自動的に収集、クリーンアップ、およびコンテキスト化する機能を提供しました。

Aker BPの承認により、シーメンスはシステムをリダイレクトし、CDFから会社のデータを読み取りました。これには、以前はシーメンスの範囲外であったデータタイプも含まれます。Ivar Aasenにとって、これは150,000の時系列、200億のデータポイント、400,000以上のドキュメントが単一の安全なエントリポイントを通じて利用可能になることを意味していました。

シーメンスは、すべての個々のソースシステムとポイントツーポイント統合を実行し、データを取り込むには約1,500時間かかると推定しています。CDFのみと統合するプロセス(すべて同じデータをプルするプロセス)は、わずか200時間で完了しました。そして、その時間の多くは、実際にデータを見て、視覚化する最善の方法を決定することに費やされました。

0420_Subsurface_PlatformWater

効果

直感的で効果的なビジュアライゼーション

人工知能、機械学習、およびテスト済みのアルゴリズムは、シーメンスのIMS視覚化を直感的かつ効果的にするものです。元のソースや形式に関係なく、CDFの単一のエントリポイントを介してライブデータと履歴データにすばやくアクセスできるため、シーメンスは強力な処理、分析、表示機能をAker BPに提示する準備が整いました。

予測の力を武器に、次のこともできます。

  • プラットフォーム上の人員の数を制限することで安全性を高めます
  • 注文する交換部品の数を減らし、万が一に備えた在庫を減らします
  • メンテナンスが必要になったときに適切な乗組員とツールを配備する
  • 計画外のダウンタイムや生産の減速など、機器の故障のコストを削減する

特にオフショア環境では、コンディションベースのメンテナンス(および最終的には予測メンテナンス)により、ビジネスモデルに革命をもたらし、収益を伸ばす可能性があります。

challenge