Cogniteがすべてのデータをオペレーターが使用可能にし、業務効率の改善を実現

多くの石油およびガス会社はデータへのアクセスに苦しんでおり、オペレーションの煩雑化を引き起こしています。

Aker BPは、Ivar Aasenオフショア設備の現場オペレーションを最適化して、無駄な時間、リソース、および労力の削減を実現しました。

概要

Cognite Data Fusionは、Ivar Aasenからのすべてのメンテナンス情報を取り込み、整理しました。Cogniteのオペレーションサポートアプリケーションにより、モバイルデバイスのフィールド技術者がデータを利用できるようになりました。

Ivar Aasenのエンジニアと技術者は、モバイルおよびタブレットアプリのインターフェイスで、すべてのリアルタイムセンサーデータと過去の機器パフォーマンスデータに即座にアクセスして、作業をより効率的にすることができます。

How Cognite improved onsite efficiency by making all data easily accessible to operators-01
10%
月のメンテナンス効率化
How Cognite improved onsite efficiency by making all data easily accessible to operators-02
50%
定期メンテナンスに費やす時間を削減
How Cognite improved onsite efficiency by making all data easily accessible to operators-03
3D機器モデルを介してアプリの特定を効率化

チャレンジ

従来のオペレーションは退屈で時間がかかります。たとえば、1つのメンテナンスタスクを完了するには、現場オペレーターが必要なデータを取得するために7つの個別のシステムにアクセスする必要がある場合があります。場合によっては、それらのシステムを使用するために必要な権限がないことがあります。すぐに利用できるデータがなければ、数日かかるはずのプロジェクトは数週間かかることになります。これは、全体的な非効率性に加えて、労働者が困難な状況で費やす必要のある時間の増加に貢献します。

1

ソリューション

Cogniteは、Ivar Aasenからのすべてのメンテナンス情報を取り込み、コンテキスト化し、オペレーションサポートアプリケーションを介してフィールド技術者がデータを利用できるようにしました。

Ivar Aasenのエンジニアと技術者は、以下に即座にアクセスできます。

  • リアルタイムセンサーデータと過去の機器パフォーマンスデータ。
  • 手順、作業指示書、図面、P&ID、およびメンテナンスログを含む、メンテナンスに関連するすべてのドキュメント。
  • 設置および機器のインタラクティブな3Dモデル。

また、写真やメモを乗組員と共有したり、ライブビデオコールを確立したり、コンピュータービジョンを使用して機器タグを見つけたり、関連情報を自動的に提供したりする機能も備えています。

便利なモバイルおよびタブレットアプリのインターフェイスを介して、3Dインタラクティブモデルを使用して、大規模なプラットフォーム上の機器をすばやく、安全かつ簡単に見つけることができます。

「現場で持ち歩くことができる電話やタブレットで仕事を終わらせるために必要なすべての情報にアクセスでき、作業がより効率的になりました。」

--メンテナンスクルー, Ivar Aasen

2 (1)

インパクト

現場のクルーは、オペレーション効率と安全性の向上を報告しています。他の油田からのクルーは、独自のリグでオペレーション上の問題を解決するためのアプリケーションを構築するためのアクセスを要求しています。

お問い合わせ

オペレーションサポートが産業にもたらす<br>インパクトを体感してみる。

お問い合わせ

おすすめ

2021年05月20日
【英語】How to Build a Digital Business Technology Platform
詳細はこちら 詳細はこちら
2021年05月11日
データドリブンなプラント操業を実現、千代田化工建設のDXを支えるデータ基盤
詳細はこちら 詳細はこちら
2021年05月11日
プラント操業における課題の解決へ、 日揮の取り組みを支えるデータ基盤とは?
詳細はこちら 詳細はこちら