Menu
JP
Cognite Remote video - Webpage Hero

 

Cognite Remote

Cognite RemoteはCognite Data Fusion™上に構築され、無人のプラントや工場、設備を現実のものにします。Cognite Remoteは、複数のソースから得られるコンテキスト化されたデータを確認、利用、理解する最適な方法を提供し、エンジニアが何をいつ修正するのか把握するのを助けます。

なぜCognite Remoteが必要なのか?

手間のかかる手動での定期点検をなくすことで運用コストの削減
設備の遠隔操作の実現
コンピュータビジョンに基づく自動監視
3Dウェブアプリケーションでの複雑なCADモデルで効率的なレンダリングとインタラクション
planning

遠隔から詳細な作業指示を実行

作業指示計画を作成して足場の配置やツールをコントロールします。関連する図面や画像を追加して、効率的な計画実行を支援します。数千ものセンサーから得られるライブデータにもアプリケーションからアクセスできます。

MPSPC-1

リアルタイムの可視化とインタラクション

Cognite Remoteはリアルタイムデータの可視化と、膨大な工場やプラントの設備からの点群スキャンデータ活用をサポートします。

visual

遠隔からの視覚的な点検

高品質の画像データによって視覚的な点検の計画を詳細に立てられます。計画時のマークアップやチェックリストの作成、モバイルデバイスでの点検が可能になります。

tag-recognition

コンピュータビジョンによる解析支援

標準または特別に訓練されたコンピュータビジョンモデルを使って、画像内の情報を検出します。装置のコンテキスト化、異常検出、ビジュアルモニタリングといったシナリオを作成できます。

Drone-1

ロボットの遠隔操作によるデータ収集

ドローンやロボットで画像、動画、音声データを収集し、分析します。

Cognite Remoteを使えば、現場に足を運ぶことなく、遠隔からロボットを操作しデータを収集できます。定期的な自律点検を実現するためのルート計画を行うこともできます。

cognite remote youtube

 

ウェビナー

デジタルツインで加速する遠隔保守・運用

遠隔保守・運用や分散型コラボレーションを加速させ、人々がデスクや自宅からより効率的に仕事ができるようにします。

詳細はこちら

3D Asset Integrity Management

 

COGNITE REMOTE

Cognite RemoteはOMVの設備保全にどの程度貢献したのでしょうか?

このソリューションは、計画にかかる時間を25%、運用コストを50%削減し、環境負荷の軽減にも貢献します。

詳細はこちら(英語)