Menu
JP

maintain-1

 

Cognite Maintain

Cognite MaintainはCognite Data Fusion™上に構築され、保守計画の策定に適したコンテキスト化済みの有用なデータとモダンなインターフェースを提供します。

Demo video - Maintain (1)

なぜCognite Maintainが必要なのか?

保守業務と運用業務の間の情報連携
地域、施設、アセットクラス、アセット間のパフォーマンス比較
Cognite InFieldで直接現場担当者とPush the scheduleスケジュールを直接連携

アップデートを増やしメンテナンス目標達成のため、低ライフサイクルコストを実現

performance KPI

パフォーマンスKPIとベンチマーク

アセット、長期/短期のKPI、重要な進行中の作業のリタルタイムの状況を把握し、課題や改善の可能性を認識し行動します。

2-2

メンテナンスモニタリングと意思決定の支援

物理学とデータモデルを保守プロセスの一部に組み込みます。すべての稼働中の機械学習モデルについて調べ、予測性能を評価し、検出された異常から作業指示やタスクを作成することができます。これらはお使いのCMMSに入力できます。

1

最適化された動的なスケジューリング

計画とスケジューリングのリードタイムを削減し、予測と修正によるモニタリングの割合を増やし、より動的なメンテナンス戦略を効率的に実施します。運用リスクが高まることはありません。

メンテナンス作業の延期や費用、バックログの削減といった結果が得られます。

vlcsnap-2020-06-12-14h38m47s633

リアルタイムコラボレーション

コンテキスト化されたリアルタイムの情報が簡単に共有できるようになると、組織内の専門知識を活用し、メンテナンスプロセスの改善に向けたコラボレーションが可能になります。

Cognite_Maintain

 

ウェビナー

Cognite Maintain

保全計画にAI活用
複雑な保全プロセスをシンプルに

保守計画やリスク情報、3D情報をAI活用することで、最適な作業計画の推奨を行ったり、経営層にとって必要な現場作業進捗の見えるかレポート提供したり、製品機能をデモで紹介します。

詳細はこちら
Demo video - Maintain (1)

 

デモ

Cognite Maintain

Cognite Maintain デモ

Cognite Data FusionとCognite Maintainでどのように定期的な保守業務を変化させられるのかをご覧ください。

Smart_Maintenance_Whitepaper

 

GUIDE

Cognite Maintain

データ駆動型のスマートメンテナンス

データの価値を引き出しながら、予知保全によってどのようにオペレーションを効率化し、接続性を高めることができるかをご覧ください。

ホワイトペーパーを読む(英語)