Menu
JP

Untitled design (26)

 

サステナビリティ

あらゆるビジネスで、サステナビリティに対する期待が高まっています。その一方で、企業は成長や変革を続け、生き残っていかなければなりません。そのためにはデータの活用が鍵となります。

Cognite Data Fusionによってデータに基づいた、エネルギー活用の最適化を行い、サステナビリティへ貢献しましょう。

jira-generated-image-static-8281738f-b428-48c5-959c-42032dc7c64b (2)

 

海洋系のサステナビリティに向けてデータを活用

このウェビナーでは、Cogniteとノルウェーの第4次産業革命センター、世界経済フォーラム、米国海洋大気庁が協力し、産業界の企業がデータを活用して海洋への影響をよりよく理解する方法について議論しました。

ウェビナーを見る(英語)

jira-generated-image-static-a8d0af8a-9302-4139-b9b3-03b00328a980

 

石油・ガス業界におけるデータに基づいた持続可能性

サステナビリティに関して、石油・ガス会社は政治的圧力の増大、規制の強化、世論の悪化などに直面しており、行動を起こすための機運が高まっています。 

本ウェビナーでは、BP社のデジタル組織の責任者であるロブ・ケリー氏に、デジタル化を受け入れ、デジタル技術を使って会社のオペレーションを改革し、排出量を削減に貢献したことについてお話を伺いました。

ウェビナーを見る(英語)

製品デモのご要望はこちら

資料はこちら

ホワイトペーパー

分断しがちな製造現場のIT/OTデータ、旭化成はどう有効活用した?

ホワイトペーパー

「Smart Data Fusion」を支えるCogniteのデータプラットフォームとは

ホワイトペーパー

データドリブンなプラント操業を実現
千代田化工建設のDXを支えるデータ基盤