<img height="1" width="1" style="display:none;" alt="" src="https://px.ads.linkedin.com/collect/?pid=1205042&amp;fmt=gif">
Menu
JP
MDDM Spot

Robotics

Cognite Data Fusion™でロボットを活用しましょう。繰り返しの作業を自動化し、リモートで離れた現場の点検、保守、修理を実施し、危険な場所での作業を減らし、作業員の安全を守りましょう。

1 (1)-2

ロボットとの協業

工場のアナログメーターや設備の配置情報をフィールドロボットを活用して自律点検で取得しましょう。そのデータを工場設備の階層構造、空間情報、など様々なデータと組み合わせてデジタルツイン上に可視化・一元管理したり、APIを通して自動的に集約したりすることが可能です。

spot_sensor

 

自律点検の実現

夜間勤務は必要ありません。 フィールドロボットを利用して、検査や日々の作業を自律化して、生まれた時間を創造性のある仕事に利用しましょう。ロボットは日々の設備点検を自動化し、付属した360度カメラから取得した画像データ利用することで、遠隔運用やデジタルツインに必要となるデータや3Dモデルの更新も可能となります。

3G9SSUK - Imgur

テレプレゼンス

現場作業員を安全に。遠隔地やリスクの高い場所、制限された場所では、ロボットが人間に代わって目となり耳となりリアルタイムに高品質な現場のビデオを撮影し、安全なところから確認することができます。また、センサーを活用することで、人手ではわからないガス漏れや温度といった情報も同時に取得が可能です。

fP6bmdX - Imgur

資産の監視

どこに何があるかを把握しましょう。ロボットは日々場所が変わるコンテナやトラック、リフトといったものの場所を捉えて、どこに何があるかを毎日検索することができるようにできます。作業員は過去から現在まで、そのようなモノの移動について確認することが可能となり、場所の特定ににかかる時間を短縮します。

2 (1)

ロボットから取得したデータを統合

すべてのデータを一つに統合。Cognite Data Fusion(CDF)によって、ロボットから取得したデータをそのほかのセンサーデータや3Dモデル、設備の関連情報などに統合し、作業員は統合されたデータが閲覧となります。そのため、ロボットがタグや画像認識、空間認識を使って取得した現在のデータと、CDF上の過去データとの比較、関連する設備情報や作業結果などとまとめて確認することが可能となります。その結果、熟練技術者のみが認識していたデータの傾向などを誰もが把握できるようになります。

HubSpot Video

 

デモ

Boston Dynamics社

ロボットでオフショアオペレーションに革命を起こす

Boston Dynamics社のSpotのようなロボットは、産業界における企業の時間を節約し、人間の創造性を他の作業に振り向けることができます。

HubSpot Video

 

デモ

Aker BP社

CogniteとAker BP社がBoston Dynamics Spotを導入

Cognite がAker BP社の無人プラットフォームや設備の実現をどのように支援しているかをご紹介します。