Menu
JP

bestday2

 

Cognite BestDay

Cognite Data Fusion™上に構築されたCognite BestDayは、組織における生産のすべての重要な側面をリアルタイムで可視化し、生産の最適化に貢献します。
BestDay latest edit v2

生産最適化へBestDayはどのように貢献するのか?

過去の生産データに基づいて適切な生産データを従業員に示す
リアルタイムの生産状況と最適化された場合との差分を可視化
無計画な生産の遅れの期間と量を10%削減
全体的な生産スループットを0.5-1.5%向上
best-day-estimation

BestDayによる生産の見積もり

BestDayのデータ駆動型のAIモデルは以下の要素に基づいて日次生産能力を計算します

  • 延期と実際の生産データの記録
  • 独自に設定された境界条件のデータ
  • 生産システムの生産基準
  • 外れ値検出モデル群
bestday2

アドバイザによる統合

Cognite BestDayはアドバイザとしてカスタムモジュールとのシームレスな統合をサポートします。典型的な例としては、対象の設備専用に作成された最適化ソリューションがあります。これらのモジュールとの連携は、検出された生産の逸脱を理解し、軽減するのを助けます。

bestday4

仕様の逸脱とボトルネックの検出

Cognite BestDayの仕様の逸脱検出のための機械学習モデルは、最も重要なタスクをリアルタイムで表示し、タイムリーで効率的な意思決定を可能にします。

カスタマイズ可能なチョークモデルで問題の原因をつきとめ、生産エンジニアにアドバイスを求めたり、より生産タイムラインにあった変更を提案したりすることができます。

Image-template_Infield_1920X1080

生産延期の捕捉とロギング

生産の逸脱と計画的な延期イベントをログとして連携するイベントを作成し、すべてのパフォーマンスの低下を説明可能なデータとして記録、今後の生産に備えて学習できるようにします。

collaboration

コラボレーションツール

Cognite BestDayは、レスポンスタイムを短縮し、視認性を高め、組織での学習を促すコラボレーションツールを提供します。同僚にタグ付けし、生産のための提案をし、アクションを記録し、過去のトラブルシューティングから学ぶことが可能になります。

Cognite_Customer_Story_Aker_BP

 

顧客事例

Aker BP

Aker BP社がCognite Data Fusion™とBestDayを使って生産を最適化する方法

Aker BP社は、緩和策の時間短縮により、年間600万ドルの収益が見込めると試算しています。

詳細はこちら

 

Case 1 image

 

ウェビナー(英語)

Cognite Data Fusion™ がOMV社の生産最適化にどのように貢献しているのか

データに簡単にアクセスできるようになったことで、OMVはデジタル化への道を歩み始めました。現在、同社はスケールアップの秘訣を共有しています。

続きを読む