<img height="1" width="1" style="display:none;" alt="" src="https://px.ads.linkedin.com/collect/?pid=1719028&amp;fmt=gif">

電力 & 公益産業

意思決定を支援しコストを最小限に抑える

Scroll-Icon (1)

クリーンで再生可能なエネルギーの需要が高まっています。ますます電化されている社会のニーズを満たすために、電力および公益企業は、発電、配電、および管理に対する新しいデータドリブンアプローチを必要としています。Cognite Data Fusion(CDF)は、その実現を支援します。

コンテキスト化されたデータにより、システムオペレータは新しい電力消費者と生産者をより簡単に送電網に繋ぎ、公益企業は生産をより効果的に開始および停止できます。また、高価なアセットの使用を最適化し、運用コストを最小限に抑え、送電網レベルでデータを共有して、総コストを最小限に抑えることができます。

CDFは電力会社および公益事業会社のスマートで効率的な運用をサポートしています。

Cogniteの電力&公益産業向けソリューション

Icon-01
Cogniteのエキスパートが支援

電力および公益事業は複雑で、動きが速く、急速に変化しています。専門家がお客様と提携し、CDFを使用してパフォーマンスと生産性を向上する手法を特定します。

Icon-02
実績のある実例の豊富なライブラリ

エンジニアがタービンの起動シーケンスを最適化できるようにすることでCDFは水力発電所で1時間あたり11,000ドルの節約を実現しました。これは実例の1つに過ぎませんが、豊富な実際の成功例からヒントを得ることができます。

Icon-03
価値を生み出すためのベストプラクティス

テクノロジーを導入することは非常に重要ですが、利益を最大化するための適切なプロセスと体制を確立することも重要です。インサイトに基づいて行動を起こすように従業員の権限付与から、部門がより簡単に共同作業できるようにするまで支援します。

Icon-04
データサイエンティスト向けのツールボックス

CDFを使用すると、データサイエンティストは、発電所で生成された膨大な量のデータを収集、視覚化、分析、共有、および実行するための優れたシステムを利用することができます。

Icon-05
データの取り込みおよびハイブリッドデータサイエンスモデルの構築

デジタルツインを使用した運用のモデリングは、電力会社や公益企業に大きなメリットをもたらします。新しい技術、装置、さらには機器を仮想環境でテストすることができ、電力生産の遅れまたは一時停止によるコストを削減できます。

Icon-06
Cogniteおよびパートナーアプリケーション

ニーズに合わせて独自にカスタマイズされたアプリケーションを開発することができます。また、パートナーが開発した既製の電力&公益事業用アプリケーションと簡単に連携させることが出来ます。

ソリューション:

スマートメンテナンス
スマートメンテナンス

多くの電力会社は依然として定期的なメンテナンスと非効率的な事後対応型メンテナンスに依存しており、費用のかかるシャットダウンのリスクが生じています。CDFはデータを活用してこれから起こる問題を見つけ、予測に基づいたスマートメンテナンスを可能にします。

生産の最適化
生産の最適化

エネルギー業界では効率と最適化が不可欠です。データと物理学に基づいた意思決定を実行することでプロセスを継続的に改善し、日々の生産を最大化します。

デジタルワーカー
デジタルワーカー

デジタルワーカーへの移行を支援します。業務に関連する情報をあらゆる場所で利用可能にし、作業指示書をコンテキスト化されたデータに結び付け、既存のツールを補完することで業務をサポートし従業員を支援します。

サステイナビリティ
サステイナビリティ

データを活用して運用を最適化し、エネルギー効率を高め、機器を監視することで、業界のリーダーは業界の環境への影響を減らすことが出来ます。

デモを申し込んで、Cognite Data Fusionが電力&公益産業にもたらすインパクトを見てみる

デジタルの世界に飛び込む