Cognite Remote

遠隔での保守運用により
無人プラットフォームを現実に

Scroll-Icon (1)
robotics

検査データ取得にロボットを活用


Cogniteはお客様と連携して、ロボット、ドローン、ROVを活用した効率的なデータの取り込みを行います。ロボットセンサーからのデータ(ビデオ、音、LiDARデータ、ガス検知、熱画像など)をCognite Data Fusionに取り込み、保存します。ロボットに定期的なデータ収集ミッションを行わせることで、データ収集を自動化したり、データ収集の頻度を上げることで、リスクの低減に貢献します。

computer vision

コンピュータビジョンを用いたデータ解析


ビジュアルデータの量と質の向上により、コンピュータビジョンの使用が可能になりました。ディープラーニングモデルは、サビやひび割れなどの表面特性や、動かなくなった照明器具など、メンテナンスの必要性を検出するために活用できます。過去から現在のデータを比較することで、発生している問題や間違った物体を特定することができます。

data augmentation

3Dデータで直感的な操作


Cogniteは、3Dデータとビデオデータを取り込み、最適化し、高度な可視化を可能にします。3D CADモデルは分析され、変換され、複雑な設備の効率的でロスの少ないレンダリングを可能にします。画像、ビデオ、LiDARデータを処理して、3Dテクスチャーの写真測量モデルを生成することができます。3Dデータは、関連する全ての要素、装置、地理的位置、時間と結びついており、コンテキスト化されています。

3d digital twin

設備管理のためのデジタルツイン


設備のデータは、3D CADモデル、3D地形モデル、スキャンした点群データ、写真とビデオ、360度写真、3Dフォトグラメトリーモデルを取り込んだ、3Dモデルとフィールド情報と視覚的に統合することができます。設備のデジタルツインは、リアルタイムのセンサーデータやイベントデータと重ねて表示することができ、関連するすべてのドキュメントにアクセスすることができます。

interaction

検査データとのシームレスな相互作用


最適化されたワークフローにより、ユーザーは視覚的なデータを効率的に操作し、関連する所見や結論を記録することができます。視覚的な分析と数値分析を組み合わせて、意思決定を検証します。関連する他のシステムとの統合により、検査ワークフローをエンドツーエンドで完了させることができます。

コラボレーション基盤で実現する

遠隔での設備管理

 
remote asset management
遠隔での設備保全を可能にします。貨物タンクやバラストタンク内などの危険な場所に人が行く必要を無くし、時間のかかる手動の定期点検を代替し、運用コストを削減します。
 
 
remote CAD 3d models
Cognite Remoteは、遠隔での設備管理保全を実現するアプリケーションです。3Dウェブアプリケーションでの効率的なレンダリングと複雑なCADモデルとのインタラクションを提供し、Cognite InFieldおよびCognite Maintainとシームレスに統合されています。すべてのアセットデータを組み合わせて、完全な3Dアセットとフィールドの可視化を行うことができます。アセットのデジタルツインは、ロボットにデータ収集タスクを提供することで、遠隔でのデータ収集管理に使用できます。
 
planning maintenance activities
より多くの設備メンテナンス活動をリモートできるようになり、サービスベンダーが設備に出入りする際のコストを削減することができます。デジタルツインでは、関連するすべての検査データへの単一のエントリーポイントを提供するため、サイロ化されたベンダー固有のアプリケーションにアクセスする必要がなくなり、データがコンテキストなしで可視化されます。コンピュータビジョンに基づく自動監視により、検査の品質が向上し、エンジニアの無駄な時間を省くことができます。

ロボットの活用

検査データの自動取り込みには、EX Robotics UGVを使用しています。ロボットは手動で制御することも、自動化されたミッションを実行して定期的にデータを収集することも可能です。

コンピュータビジョンを用いたデータ解析

FPSOタンク内部のドローン映像から検出された錆。コンピュータビジョンモデルは、検査品質の向上と実行の迅速化のための関連情報の検索をサポート。

高度な可視化

FPSOの甲板を覆う1TBの点群の一部。この点群は、FPSO甲板の正確な現在の状態を提供し、通常のロボット映像と組み合わせて継続的に遠隔検査を行うことができます。

完全な3Dのデジタルツイン

CAD、点群スキャン、ロボット映像、リアルタイムデータを組み合わせたFPSOの完全デジタルツイン

完全デジタルツイン

コンテキスト化されたすべてのデータを活用したデジタルツインを提供します。図面を3Dビューに統合し、機器レイアウトを簡単に理解することができます。

ロボットの遠隔操作でデータを取得

ドローンやロボットから画像、映像、音声データを集めて分析。ロボットを遠隔操作して、装置に移動せずにデータを取得。定期的な自律点検を実現するためのルート計画を実行。

Cognite Remote 6.0のご紹介

X
メリット

ロボットに定期的なデータ収集ミッションを行わせることで、自動的にデータを収集

3Dデータおよびビデオデータを最適化して処理し、高度なビジュアライゼーションを実現

完全なリモート検査を可能に