<img height="1" width="1" style="display:none;" alt="" src="https://px.ads.linkedin.com/collect/?pid=1719028&amp;fmt=gif">

セキュアなデータ共有

パートナーやサプライヤーを含むデータが必要な人にデータを共有し、必要のない人からデータを保護します。

Scroll-Icon (1)

Cognite Data Fusion(CDF)を使用すると、内部の従業員、パートナー、サプライヤー全てにおいて、データへのアクセスをきめ細かく安全に管理できます。

CDF

センサーデータ、メンテナンスログ、配管図および計装図(P&ID)、資産情報、リアルタイムストリーミングデータなどの共有が可能でう。誰が何にアクセスできるかを常に明確に把握しながら、データセット全体から個々の時系列に至るまで、あらゆるデータグループへのアクセスを許可します。

CDF

Cognite Data Fusionを使用すると、誰がどのデータにアクセスできるかを監査し、きめ細かいレベルでアクセス権を管理し、独自のIDプロバイダーを使用して第三者のIDを管理できます。当社のAPIおよびSDKを使用すると、簡単にアクセスして分析できます。ユーザーがアクセスできるデータと、ユーザーに実行を許可するアクションをコントロールし、いつでもデータの共有を停止することが可能です。

CDF
CDF
CDF

デモをリクエストして、データの安全な共有を始める

オペレーショナルデジタルツイン:運用・制御のためのデジタルツインとコンテキスト化されたデータで産業界のオペレーションを変革する方法

オペレーショナルデジタルツイン