コンテキスト化が
データ活用を次のレベルに

コンテキスト化とは"データ同士の関連づけ"を意味します。
Cognite Data Fusionは、膨大かつ様々なデータを統合・コンテキスト化し、重厚長大産業における生産量の最大化やスマートメンテナンス等、データに基づいた意思決定を可能にします

Scroll-Icon (1)

Cognite Data FusionはITデータからOTデータまであらゆるデータをリアルタイムにコンテキスト化し、メンテナンスや生産、安全に関わる判断をより適切に行うことを実現します

Contextualization Pipelines

コンテキスト化は
産業データから価値を
今まで以上に創出

大規模かつ複雑な産業の環境でも、Cognite Data Fusionを使用することで、データ活用の各フェーズを最適化します

Contextually Enriched Data
各段階のおいてCogniteのもたらす価値を知る

産業向けAIは単なる機械学習や深層学習ではありません

物理シミュレーターを用いて合成データを生成。
仮想IIoTセンサーによる迅速な実装。
物理学に基づいた機械学習を実用レベルで展開します。
ハイブリッドAI

Cognite Data Fusion
アーキテクチャ

多種多様なデータを統合・コンテキスト化
オープンなAPIでデータを活用し価値を創出します

より技術的な観点で興味がある方は、弊社CTOのGeir Engdahlによる技術アーキテクチャの紹介動画をご覧ください。

X
Cognite Data Fusion japanese

Cognite Data Fusionの
特徴

Process & Data Exploration
プロセスとデータの調査

コンテキスト化された全ての産業データのプロセスを見ることができます。データや、3Dモデル、P&IDプロセスフローの接続を参照することができます。

Cognite Data Fusionを用いることで、人祖機にビジネスに大きなメリットをもたらします

Business Case for Solving Digitalization

デモをリクエストして、実際にCognite Data Fusionを体感してください

Aker BPがハイブリット機械学習アプローチを用いて生産最適化を実現

$6M
推定年間節約量

AarbakkeとCogniteがCNCマシンの寿命の延長を実現

20-30%
サービスコストの削減

Cognite Data FusionがFramoとAker BPの新サービスの契約への移行を実現

30%
メンテナンスの削減

Cognite Data Fusion (CDF)が製造工場のメンテナンスサポートを実現

+
工場外での計画とサポートを改善します

Cognite Data Fusionが
次世代の工場を実現

ダウンロード
Factory of the future