<img height="1" width="1" style="display:none;" alt="" src="https://px.ads.linkedin.com/collect/?pid=1719028&amp;fmt=gif">

ビジネスモデルの
変革

運用データを共有しコラボレーションと
パフォーマンスを改善

Scroll-Icon (1)

運用データをオープンにし、製造業者とサプライヤがデータを分析。製品が現場でどのように機能しているかを正確に確認できるようになりました。このデータを使用して企業はサプライチェーンとの関係を変え、相互利益のためにコラボレーションとイノベーションを促進するパフォーマンスベースの契約に移行できます。

COGNITEの
ビジネストランスフォーメーションソリューション

Business Transformation-01
Cognite Data Fusion(CDF)は、リアルタイムデータを民主化してコンテキスト化し、ユーザーが運用パフォーマンスを分析および監視できるようにします。
Business Transformation-02
OEMおよびサプライヤは、運用データを使用して部品を開発および最適化し、寿命の延長、パフォーマンスの向上、効率の向上などの利点を提供します。
Business Transformation-03
メーカーとオペレーターは、アセットと機器のデジタルツイン上で仮説をテストすることでリスクを大幅に削減し、結果を計算し現場に適用できます。
Business Transformation-04
Cogniteのインダストリーエキスパート(SME)がチームと協力してビジネスの変革を支援します。初期からサステナブルな実践と運用を実現できるようにパーソナライズされたアドバイスと専門家によるヒントを提供します。

Asset Data Insightで
パートナーリレーションシップを変革

Asset Data Insightですべての運用データと分析にアクセスし、データを表示、洞察を引き出します。

メーカーやサプライヤーとパフォーマンスデータを共有することでコンポーネントのモデルを迅速に開発し、パフォーマンスの向上のテストが可能になります。 Asset Data Insightはサードパーティシステムにシームレスに接続し、コラボレーションを促進するための完璧なツールになります。

Asset Data Insight
自動識別とレポート(AIR)

自動識別とレポート(AIR)

AIR(Automated Identification and Reporting)は、シャットダウン動作を監視し、他のシャットダウンと比較する条件ベースの監視ツールです。AIRを使用すると、作業者は異常な状態を検出し、タイムリーな通知を受信しさらなる損害のリスクを減らすことができます。

AIRを使用すると、企業は予定外のダウンタイムから予知メンテナンスに移行でき、生産性が向上します。また、OEMおよびパートナーはアクティビティとパフォーマンスを監視し、障害が発生した理由を確認し必要に応じて部品と製品を最適化するために必要なすべてのデータにアクセスすることが可能になります。

リレーションシップの再定義

長期的な信頼を構築し、パートナーから得られるバリューを最大化します。インダストリーデータを共有することによりビジネスリレーションシップを変革し、サプライヤーを戦略的パートナーに変えることができます。

生産性を改善するための革新的なソリューションを見つけるために、彼らを動機付けることが大切です。パフォーマンスベースの契約への移行は相互に有益であり、強力なコラボレーションと潜在的な競争上の優位性を形成します。

Redefine relationships

デモをリクエストして、ビジネス変革について深く学ぶ

デジタル化によって
運用のパフォーマンスを
改善

ダウンロード
Improving Operational Performance