<img height="1" width="1" style="display:none;" alt="" src="https://px.ads.linkedin.com/collect/?pid=1719028&amp;fmt=gif">

苦しい時における、デジタルリーダーの4つの存在理由

Cognite(コグナイト)は、デジタルトランスフォーメーションに挑戦する世界最大級の重厚長大企業をクライアントとしております。今週、世界的なコロナウイルスの大流行や、需要の急落、株式市場の暴落により業界が揺れ動く中、ビジネス活動の維持や、デジタルトランスフォーメーションに関する懸念、近年築き上げてきたデジタル化の進歩を維持できるかどうかといった、多くの懸念を耳にします。

健康や、マクロ経済、およびビジネスの状況が日々変化している、これらの不確実な時代だからこそ、4つの理由から、デジタルイノベーション、およびITにおけるリーダーが、ビジネスを維持&発展する上で重要な役割を果たす立場にあります。

 

迅速に困難に対応&回復するためのツールの提供

デジタルリーダーは、アジャイルチーム、信頼できるデータソース、内部チャネルや、無数のコミュニケーションツールなど、さまざまな新しいリソースを自由に使用できます。コミュニケーションツールはリアルタイムモニタリング、迅速な対応、経営陣と従業員のエンゲージメント強化、柔軟な仕事環境を可能にします。これらは、組織を安定させ、ビジネスを継続する上で重要な要素になります。デジタルリーダーは、CEOやPR責任者と同様に、困難な状況においても皆を導き、危機を緩和する上で重要です。

 

組織の士気を高めるための重要な役割

モチベーション・士気の維持は、困難な状況にある組織において全てと言っても過言ではありません。デジタルリーダーがもたらすプラットフォーム、計画、および目指す目標こそが、従業員をモチベーションを奮い立たせるためのプロジェクト、つまり価値の創造やコスト削減を実現し、セキュリティの感覚を植え付け、革新を実現するプロジェクトをもたらします。ITやデジタルイノベーションのマイルストーンが不確実性に対応することに加えて、それにより会社全体が、現在直面する危機を超えた組織の目標を設定するための一助となるのです。

 

誰もがイノベーターになる機会を提供

目標こそが、チームや会社の維持、発展に貢献します。デジタルツール、プラットフォーム、およびデータを駆使して、より優れた、より堅牢で、効率的な会社を構築する方法を模索することが可能になります。これを行うために、デジタル化のイニシアチブを超えて、自らをイノベーターとして考えて行動するように従業員全体に促し、教育し、再編成するように機能することが1番大切です。

 

視野を広げ、正確に行動することを実現

デジタルリーダーは、リアルタイムのコンテキストに沿って、深刻な危機に対処し、全体像を描くことができます。業界の大きな変化、特にデジタル変革、セキュリティ、持続可能性がビジネスに不可欠であることを理解し、長期的な発展、脅威、機会を通じて組織を導くことができる戦略的方向性を設定します。コロナウイルスによって引き起こされた危機は、デジタル、イノベーション、およびITリーダーの戦略的、積極的な側面を活性化します。

本当の価値は、短期間で社内および社外で才能とツールをいかに迅速かつ創造的に活用できるかだけでなく、学んだ教訓を長期的に追跡し、長期的に組織を導くことができるかどうかにもあります。

質問はこちらから

お問い合わせ