Cognite CEO:デジタルの課題を知った今、それを改善していくことが求められている

コロナウイルスの影響で今年の春に世界が閉ざされ始め、私たちが構築してきたデジタル世界は、社会や経済を維持していく上で基本的なものであることを証明してきました。しかし、この数ヶ月間の経験から、テクノロジーが、危機的な状況を乗り切るだけでなく、危機的な状況下でも優れた能力を発揮できるようにするためには、まだまだやるべきことがたくさんあることがわかりました。


機能していること

このシャットダウンの間に私たちを救ってくれたデジタルサービスのほとんどは、過去20年間に導入されたことに由来しています。最も重要だったことは、ヘルスケアと感染症の追跡をデジタル化する作業でした。学校はもう一つの良い例です。多くの人はかつて、若い学生にノートパソコンやタブレットを導入することに疑問を抱いたことがありました。今日では、何百万人もの学生が自宅で学習するようになった今、デジタルデバイスやスキルが重宝されていることに疑いの余地はありません。

民間企業では、アプリを用いた食品宅配は、苦戦しているレストランの救世主となっています。非接触型の支払いとセルフサービスのキオスクは、スーパーマーケット、郵便局、テイクアウトの場所での感染を減らしています。ストリーミングサービスは、できるだけ多くの人が自宅で映画やテレビを楽しむことができるように、品質を調整するために協力してきました。

より高速なインターネットとより優れたコラボレーションツールの登場により、企業は従業員がリモートワークでも、同じように生産的な仕事ができることを示しています。私の会社のソフトウェアコードプラットフォームであるGitHubのトラフィックは、在宅勤務を開始してから20%増加しました。国際的に見ても、最も生産性が高く、革新的な企業である大手テック企業は、少なくとも年末まで、在宅勤務をすることを認めていると発表しています。

機能していないこと

解雇された労働者に対する危機対策として、一部または全額の賃金を保証する措置が多くの国で急速に導入されましたが、多くの労働者は未だに賃金が支払われておりません。

販売、サービス、サプライチェーンをデジタル化することができなかった小売業者は、現在、破産を申請しています。

最も決定的なのは、世界中の多くの農村部や低所得者層の家庭では、インターネットへのアクセスが手の届かない、あるいはアクセスできない状況にあるため、一部の子供たちはいまだに学校教育を受けていないということです。

コロナウイルスは、私たちのデジタル基盤のどこに課題があるかを示しています。この危機の残りの部分、そして次の危機に備えて、私たちがより良い装備を備えられるように、今すぐにその課題を解決しなくてはなりません。

新しい働き方

企業で働いている人たちは、今までと同じ環境に戻ってはいけません。オフィスが再開される前にも、企業は新しい、より良い方法で仕事ができる方法についてオープンな会話をしなければなりません。交通機関の混雑を緩和する方法、仕事と家庭生活を両立させるためのスケジュールを見つける方法、そしてオフィスで働くことの良さを最大限に引き出すためにはどうすればいいのか、この数週間で私たちは自分自身の生産性について何を学んだのでしょうか。

基本的なアクセス

より根本的なレベルでは、世界中のあまりにも多くの人々がいまだに基本的なインターネットにアクセスできず、情報の流れ、疾病の追跡、自宅で仕事をしたり学習したりする能力に影響を与えています。次の危機が発生して私たちが身を潜めざるを得なくなったときに、人々がより公平な立場に置かれるように、当局がサービスを提供している地域で普遍的なインターネットアクセスを最優先事項とすることは、議論にもならないはずです。

デジタルスキル

誰もが基本的なデジタル能力を身につける必要があります。私の母国と産業界を例にとると、資産を多く抱えるノルウェーの産業界では、何万人もの労働者が一時的な休業を余儀なくされたり、解雇されたり、在宅勤務を余儀なくされたりしています。新たに導入された産業労働者のためのデジタル・アカデミーのような、デジタル・スキルを維持・強化して現在の危機を乗り越えるための新しいソリューションが、今まで以上に必要とされています。

私たちは未来を予測することはできませんが、現在の状況を見ることはできます。この特定の国の特定の産業では、デジタルスキルのギャップに悩まされています。労働者に先端技術を学び、活用する機会を与えることは、産業の重要な再生を支えるだけでなく、一人一人が将来の職場で価値あるスキルを身につけることにもつながります。この考え方は、世界中の産業やサプライチェーンに当てはまります。

産業界のリーダーは、この数ヶ月で明らかになったコンピテンシーのギャップや組織の課題を埋めるための貴重な機会と考えるべきです。その中でも特に、リーダーは継続的な学習とスキルアッププログラムを加速させ、変化する環境に対応できる汎用性の高い労働力を育成すべきです。そうすることで、より回復力があり、効率的で前向きな組織を構築するための準備が整います。

 John Markus

 

Questions about the Industrial Digital Academy?

LEARN MORE