<img height="1" width="1" style="display:none;" alt="" src="https://px.ads.linkedin.com/collect/?pid=1719028&amp;fmt=gif">

オペレーショナル
デジタルツイン

実在するアセットの動的な仮想モデル・デジタルツインを構築し、リアルタイムのインサイト、正確な予測、より良い意思決定を実現します。運用・制御のためのデジタルツインとコンテキスト化されたデータで産業界のオペレーションを変革する方法

Scroll-Icon (1)

ハイブリッドAIによる
デジタルツイン
最適化

オペレーショナルデジタルツイン(ODT)は、実在するアセットの動的な仮想レプリカです。すべてのインダストリアルデータを統合し、物理シミュレーターと接続し、物理学に基づいた機械学習を導入し、直感的なデータ視覚化を実現することで、アジリティと価値を生み出します

Cognite Data Fusion(CDF)を利用して、重厚長大企業は設備や機械の高度なデジタルツインを作成し、アセットのパフォーマンスを改善しています。

センサーネットワークからのリアルタイム運用データを過去データと統合することにより、オペレーショナルデジタルツインは、1つのインタフェース(HMIおよびAPI)でリアルタイムデータとすべての過去データ両方を提供し、以下のことを可能にします。

  • 共有可能で行動につながるデータ
  • 高度で簡単にアクセス可能なインサイト
  • 予測メンテナンス
  • 生産の最適化
  • 安全性の向上
  • 有事へのより迅速な対応
Driven by Data-2

デジタルツインがもたらす
行動につながるインダストリアルデータ

コンテキスト化による実現
コンテキスト化による統合

Cognite Data Fusionは、時系列データ、プロセス図、3Dモデル、イベント履歴、アセット情報、非構造化文書等すべてのインダストリアルデータを統合し、企業内外のデータを必要とするあらゆる人および機械に、行動につながるデータを提供します。

高度なインサイト
高度なインサイト

物理シミュレーターによる合成データ生成とML/DLを組み合わせることで、高度かつスケーラブルなモデルを作成します。信頼できる予測と行動につながるインサイトを提供するため、観察し、分析し、最適化します。

予測メンテナンス
予測メンテナンス

過去データとリアルタイムモニタリングを組み合わせることで、問題が発生する前に、メンテナンスが必要とされる事象を予測します。適切なタイミングで計画的に事前対処することで、大きなコストにつながる突発的な中断やダウンタイムを削減します。

デジタルツインを用いた
オペレーショナル・エクセレンスへ

1から多へ
1から“多”へ

1アセットに対してモデルを作成したら、全体に渡ってモデルをスケールします。データの検索やクリーニング、コンテキスト化に費やす時間、労力、リソースを削減し、その分価値の創造に多くの時間を使うことができます。

物理からデジタル、そしてまた物理へ
物理からデジタル、そしてまた物理へ

Cognite Data Fusionはデータ分析と物理モデルを組み合わせることで、物理アセットの仮想クローンを作成します。そのデジタルツイン上で高度なシミュレーションを実行し、テストし、観察し、結果を予測し、そして、物理系に反映します。

データからオペレーショナル・エクセレンスへ
データからオペレーショナル・エクセレンスへ

生産最適化の道筋を見出し、テストし、実行するとともに、有事へのより迅速な対応を実現します。統合されたデータにアクセスでき、高度なインサイトを提供するオペレーショナルデジタルツイン(ODT)だから可能なことです。

ODT-Diagram

横河電機様がデータのコンテキスト化とデジタルツインを実現

デジタルツインのデモをご覧にいただけます

お客様事例

2020年07月21日
Wintershall Dea社の回転装置専門家をCognite Data Fusionが支援
詳細はこちら
2020年07月21日
Wintershall Deaの状態監視をCognite Data Fusionが加速
詳細はこちら
2020年07月21日
Wintershall Deaのメンテナンス作業をCognite Data Fusionが効率化した方法
詳細はこちら

オペレーショナルデジタルツイン:運用・制御のためのデジタルツインとコンテキスト化されたデータで産業界のオペレーションを変革する方法

オペレーショナルデジタルツイン